2008年09月27日

リーマンショックが与える日本外資社員への影響

久方ぶりの更新です。

ここ2週間は、歴史に残る激動の2週間、とでもいえそうなものでした。

リーマンの破綻、AIGへの米政府公的資金注入、野村HDのリーマンアジア欧州ビジネス取得、モルスタへの三菱UFJの出資、ゴールドマンサックスとモルスタの証券会社から商業銀行への転換などなど。

これまで世界の金融界を支配しているかのように思われていた米国金融機関が、わずか2週間のうちに次々と存在を消し、姿を変えていきました。

まだまだ「危ない金融機関」は残っていますし、また、日欧米の大手金融機関の貸付余力が低下したことによって、金融界だけでなく製造業等でも巨大倒産や企業再編成が起こりそうです。

続きを読む
posted by Tabbycat at 22:36 | Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする