2009年07月31日

労働者に厳しい社会で生き残る方法

日本株式市場が2009年初来高値を記録しました。The Wall Street Journalでも記事になっています。


AUGUST 1, 2009
Nikkei Rises to 2009 High

By V. PHANI KUMAR, MATTHEW ALLEN and PHILIP VAHN

Asian markets rose sharply Friday to build on their weekly and monthly gains, with Japanese shares ending at their highest level this year as better-than-expected corporate results outweighed data showing the country still faced major economic challenges.


アジア株式市場は金曜日大きく上昇した。日本では経済全体は依然厳しい状況が続いているが、予想を上回る企業業績が好感され、株価は今年最高の水準まで上昇した。



株式市場が好調な一方で、日本の失業率は上昇を続け、消費者物価は低下しています。


JULY 31, 2009, 12:39 A.M. ET
Japan's Prices Fall, Unemployment Rises

BY ANDREW MONAHAN

TOKYO -- Japan is struggling with its second round of deflation this decade after the consumer price index fell by its fastest pace on record in June, while the jobless rate rose to near its all-time high.

日本では6月、消費者物価が過去最高のペースで下落し、失業率は過去最高水準まで上昇した。


日本の実体経済は依然弱く、雇用環境は悪化し、それに伴い家計が節約に走るために物が売れず、物価が下がっています。しかし、企業はリストラ等によって業績が回復しており、株価も好調・・・といった所です。

乱暴に言い切ると、「リストラで苦しむ労働者の犠牲によって、企業と株主は儲けている」ということです。

このような状況を嘆いてもしかたありません。

今のように労働者が泣き、株主が笑う時期もあれば、その逆の時期もあるのです。

どっちにころんでも自分を守る方法は、あります。

労働者であると同時に株主になってしまえば良いのです。

株主になるのは簡単です。

株式や、株式投資信託に投資するだけです。

投資信託であれば、一万円で買うことができます。

このように、誰でも株主になることができる、という事実。

これが、「蟹工船」の時代と、現代の大きな違いです。


ぜひ応援クリックおねがいします。
ブログランキングには、英語学習に役立つブログがたくさんありますよ。
ブログランキング
にほんブログ村
posted by Tabbycat at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

宇野千代「毎日書くのだ」

毎日書くのだ。(中略)かけるとき書き、書けないときに休むというのではない。書けない、と思うときにも、机の前に座るのだ。すると、ついさっきまで、今日は一字も書けない、と思っていた筈なのに、ほんの少し、行く手が見えるような気がするから不思議である。書くことが大切なのではない。机の前に座ることが大切なのである。机の前に座って、ペンを握り、さア書く、と言う姿勢をとることが大切なのである。自分をだますことだ。自分は書ける、と思うことだ。

宇野千代


この言葉は作家の宇野千代氏が文章修行について語った言葉ですが、文章修行以外の何事にも通用します。

例えば、英語学習の場合は、

勉強することが大切なのではない。イヤフォンを耳にセットすることが大切なのである。イヤフォンを耳にセットし、、さア聴く、と言う姿勢をとることが大切なのである。自分をだますことだ。自分は勉強できる、と思うことだ。

と応用できます。

時間ができたらやろう、やる気が出たらやろう、明日からやろう、とか言っていると、いつまでもやらない、という法則があります。

私自身、やるやる言って、先延ばしにする癖があるので、身にしみてこの法則の恐ろしさを知っています。

やろうと考えていることがあったら、今すぐ、自分をだまして、やってみましょう!

ぜひ応援クリックおねがいします。
ブログランキングには、英語学習に役立つブログがたくさんありますよ。
ブログランキング
にほんブログ村
posted by Tabbycat at 08:17 | Comment(3) | TrackBack(0) | 目標を設定し、達成する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

矢沢永吉「成りあがり」

昨年から2年くらい世間は暗いニュースばかりです。

米国の失業率はもうすぐ10%を超えそうですし、中国失業率は4%とかいっていますが、実際には既に10%を超えている模様です

日本でも5月失業率は5.2%と、海外と比べればましとはいえ、雇用環境は悪化しています。

世界経済の回復は、中国を主とした新興国の需要の成長に依存しています。そしてその新興国の経済成長は米国への輸出に依存しており、この米国も中国頼み、、、という、要するに世界的に経済の回転がとまっている状況です。

こんな状況がずっと続いていると、暗い気持ちになってしまいますね。

そんな時は元気がでる本を読みましょう!

私がお勧めする、元気が出る本は、「成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)」です。

永吉少年が、高校卒業と同時に広島から上京し、キャロル結成と解散を経てスーパースター「YAZAWA」になるまでの「成りあがり」の軌跡を、矢沢永吉氏本人が熱い言葉で語っています。

矢沢永吉氏にインタビューし、文章をまとめているのが、コピーライター糸井重里氏。

ご存知の人が多いと思いますが、映画「もののけ姫」のコピー「生きろ」等数々の名作コピーを作った人です。

矢沢永吉氏のスターになるための執念と行動力、挫折を克服していく精神力の強さに圧倒されます。

矢沢永吉氏のものすごいエネルギーに満ちた言葉を読むと、自分の中からもエネルギーが溢れてくる気がします。

暑い夏には、熱い本を読んでみるのはいかがでしょうか。






ぜひ応援クリックおねがいします。
ブログランキングには、英語学習に役立つブログがたくさんありますよ。
ブログランキング
にほんブログ村
posted by Tabbycat at 08:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 目標を設定し、達成する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

児童向け英会話ビジネス活発化

子供の英語教育について興味深い記事を見つけました。

==引用ここから==

児童向け英会話ビジネス活発化 英語教育の必修化、不況が教育投資を後押し

公立小学校で英語教育が必修化されることを受け、国内で児童英語に対するニーズが高まっている。2011年度に完全実施される新学習指導要領は「小学 5〜6年生の英語活動」が必修化され、英語能力が問われる。具体的には、英語の音声や表現に親しみむことで、コミュニケーション能力の育成を目指し、授業は週に1回程度(年間35時間)実施される。

 この決定を受けて、大手予備校「東進ハイスクール」などを運営するナガセは子供向け英語教室事業に参入することを決めた。世界120カ国で放映された子供向け教育番組「セサミストリート」のキャラクターを使った教材を開発し、2010年10月から全国でフランチャイズチェーン(FC)方式で展開するほか、中国やインドにも教室を設け、新たな収益源に育てる。

 通信教育大手のベネッセコーポレーションも自宅で英会話を学べる小学生向け英語講座を11月にスタートする。米国の研究機関と共同で、日本人の子どもの発音傾向を分析し、オリジナルの発音評価システムを開発。小学生が自宅にいながら会話を通して英語を学習することができる講座「ビーゴ・グローバル」を設置した。

 企業の海外進出が当たり前となった現代の日本では、多くの企業が就職や昇進・昇格試験の基準に英語能力を問うケースも増えている。仕事で英語を使う人は使わない人より年収が高いという調査結果もあり、英語教育に関心を持つ保護者は増える一方だ。

 また不況も教育投資の捻出を後押ししている。教育業界は「不況知らず」とも言われることもあるが、不況により将来の先行き不安から子供の教育に対する投資額は増加しており、「自分の衣類にかける出費をおさえてまでも、子どもの教育投資を強く意識する保護者も多い」(教育関係者)という。

 ベネッセの英語講座は1年間分を一括払いすると毎月3655円。今後英語教育の熱が一層高まるにつれ、居酒屋での1回分の飲み代を子どもの教育に回そうという親も増えそうだ。


==引用ここまで==


最後の一文が泣かせます。

私も、子供のために幼児用英語教室を探したりしていますが、なかなか良い所がありません。

今のところは、子供に英語の本を読み聞かせてあげるのが一番のようです。絵本で知った文章や単語を応用して、文法的に正確な英語をしゃべっています。

私の妻の英語発音は日本人離れしているのですが、母親に毎日読み聞かせてもらっているおかげが、子供の発音もきれいです。

流暢すぎて、私が聞き取れないケースも出てきました。

子供の英語学習を心配する前に、私が英語学習を再開しなければ・・・



ぜひ応援クリックおねがいします。
ブログランキングには、英語学習に役立つブログがたくさんありますよ。
ブログランキング
にほんブログ村
posted by Tabbycat at 08:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

ウォール街の懲りない面々

あきれて物も言えない出来事です。

WSJより引用します。

JULY 10, 2009
AIG Seeks Clearance to Release Bonuses

American International Group Inc. is asking the Obama administration's new compensation czar whether it should pay previously agreed-to retention bonuses, including about $235 million pending for employees at the insurer's controversial financial products unit, according to people familiar with the matter.

アメリカン・インターナショナル・グループは、支払いを保留しているボーナスを支払うための許可を、オバマ政府当局内の報酬監督者へ求めている。関係筋によると、現在問題になっている金融商品にかかわった社員に対するボーナス約340億円も含まれているという。



しかし、AIGも懲りませんね。以前ボーナスを支払おうとした時は、「公的資金を注入してもらっときながらボーナスを受け取るのか!」と世間の非難を浴びて支払いをストップしましたが、今回改めてボーナスを払おうと画策しているようです。ほとぼりが冷めたと考えているのでしょうか。

さすがに、事前に米国政府の許可を得ようとしているようです。政府は公的資金を注入しているとはいえ、民間企業の報酬云々におおっぴらに口を挟むことはできません。そこでAIGに対し「自分で判断しろ」と突き放しているようです。

米政府がかかわりたくない気持ちもわかります。。。


大企業の内部は、ビックリするくらい世間一般と温度差が開いている場合があります。私も大きめの会社に勤めていたときは、世間との温度差に気づかずにいたこともありました。

世界有数の大企業であるAIGですから、中の人たちと世間の温度差がここまで開くのも不思議ではないのかもしれません。


ぜひ応援クリックおねがいします。
ブログランキングには、英語学習に役立つブログがたくさんありますよ。
ブログランキング
にほんブログ村
posted by Tabbycat at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

リンカーン大統領の名言

"I have always found that mercy bears richer fruits than strict
justice."
Abraham Lincoln

厳格な正義よりも慈悲深さのほうが、実りの多い結果をもたらす。

リンカーン大統領の人格の高潔さ、慈悲深さを示す豊富なエピソードは、デールカーネギーの「人を動かす」の中でも紹介されています。

この本は日本語版、英語版とも何度も読み返しています。

応援クリックおねがいします。
ブログランキングには、英語学習に役立つブログがたくさんありますよ。
ブログランキング

にほんブログ村
タグ:名言
posted by Tabbycat at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | 知識・スキルを高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする