2009年08月16日

ピーター・ドラッカー「エルザ先生のワークブック」とは

過去エントリー「英語学習を続ける方法」で、「何か成し遂げたい目標を定めたら一冊のノートを用意し、やったことの記録をつける」という方法を紹介しました。

私はこの方法を、大学受験対策のために使用したのを皮切りに、重要な試験や研究の度に活用してきました。

これと同じような方法を、ピーター・ドラッカー氏も活用していたそうです。しかも彼の場合は小学校時代から活用しています。

ピーター・ドラッカーの方法は、
1.一冊のノートを用意する
2.定めた目標を書き込み、目標を達成するための計画を書き込む
3.計画の進捗状況を書き込む
4.定期的に計画と実際の進捗の違いを振り返る
というもののようです。

ピーター・ドラッカーはこのノートを「エルザ先生のワークブック」と呼んでいます。

ドラッカー氏の著作「傍観者の時代」から、この「エルザ先生のワークブック」に関する部分を抜粋します。
続きを読む


posted by Tabbycat at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(1) | 目標を設定し、達成する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。