2009年09月12日

バークレイズ:アジア太平洋で来年さらに採用−日本でも機会大きい

Boomberg.co.jpより:

英バークレイズ:アジア太平洋で来年さらに採用−日本でも機会大きい
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003011&sid=aGYPKTVtV5AQ&refer=jp_asia

9月11日(ブルームバーグ):英銀バークレイズのアジア太平洋地域最高経営責任者(CEO)、ロバート・モリス氏は11日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、域内で来年、さらに採用を進めると語った。

  同氏は「市場環境の改善に伴いここ2、3カ月で競争は激しくなったが、採用を続けている」とした上で、「2010年にはさらに人を採用する計画だ」と述べた。「現時点では域内の大国4、5カ国に重点を置いている」という。

  同氏は有望視する市場としてインド、韓国、オーストラリア、中国を挙げた上で、日本について「多くの企業が規模を縮小しているが、これは当行にとって大きな機会だ考えている」と述べた。


外資系企業が日本での雇用拡大を志向することは、日本人にとってはプラスです。

しかし、私がこの記事で注目したのは、その点ではありませんでした。

続きを読む「英バークレイズ:アジア太平洋で来年さらに採用−日本でも機会大きい」


posted by Tabbycat at 23:09 | Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。