2009年11月20日

大学生の内定率、「氷河期」並みの62.5%

就職戦線が非常に厳しいようです。

大学生の内定率、「氷河期」並みの62.5% 10月時点
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091119AT1G1901719112009.html

 来春卒業予定の大学生の就職内定率は10月1日時点で62.5%で、前年同期に比べて7.4ポイント低下したことが19日、文部科学省と厚生労働省の調査で分かった。内定率は2003年の60.2%、04年の61.3%に次いで3番目の低さ。下落幅は調査を始めた1996年以降で最大。昨年秋からの不況で就職状況が急激に悪化し、00年前後の「就職氷河期」並みの状況となった。


今の20代の方々は、将来に不安を抱えています。

日本経済が先細り感がぬぐえず、雇用の限られたパイは中高齢層が握っていて若年層まで回ってきません。

就職できない人も大変なのですが、就職できたとしても大変です。

社内の中年層の給与水準を維持するために、若年層の昇給を止めたり昇給ペースを落としている会社が多いようです。

中堅社員の給与を「減らす」よりも、若手の給与を「増やさない」という措置の方が、人事部門にとっては、社内に波風を立てることもなく、楽な方法だからです。

このような状況では、報われていない若年層の中から、「大災害でも戦争でもおきて、今の世の中が一度崩壊してしまえばいいのに」と考える人がでてくるのも無理はありません。

実は、世の中が崩壊するような出来事はすでに起きました。




続きを読む


posted by Tabbycat at 18:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。