2010年05月18日

Be a first rate version of yourself, not a second rate version o f someone else.

Be a first rate version of yourself, not a second rate version o
f someone else.

- Judy Garland

(和訳)二流の誰かになるのではなく、一流の自分自身になりなさい。


誰かにあこがれてその人の真似をしても、その人を追い抜くことはできません。せいぜいその人の劣化コピーになるだけです。そうではなく、自分自身を最大限に発揮して、最高レベルの自分自身になりましょう― という言葉です。

最初は、誰かにあこがれて真似をすることは、とても大事です。できるだけたくさんの人を真似してみることは良いことです。そのうちに、自分が分かってきます。

「自分はモデルになるほど美形じゃない」

「自分はオリンピック選手になるほど運動神経が良くない」

「自分は東大にはいくほど頭が良くない」

自分の限界を知ることはつらいことですが、挫折を繰り返し、最後に残るものが「自分」を見つけるためには必要なプロセスです。

「どうやら自分は、これが人よりも得意らしい」

「他の人はすぐ飽きるけど、自分はこれをいつまでやっても全然飽きない」

「人が面倒くさがる事だけど、自分はそれがすごく好きで、短時間でクオリティの高い成果を出すことができる。」

そういうものを見つけられれば、それがあなたの競争優位性(competitive advantage)です。

灯台もと暗しとは良く言ったもので、自分が子供の頃に好きだった事の延長線上に、自分の競争優位性が潜んでいる事が多いようです。

人とワイワイ遊ぶのが好きだったか、一人でじっくり遊んだり本を読むのが好きだったか。そういう所にも、自分の強みが何かのヒントが隠れています。

自分の性格や好みを否定せず、自分を最大限発揮できるものは何かをさがしてみましょう。

自分の強みが何かを見つけることができたら、あとは頑張るだけです。

一流の自分自身をめざしましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!

人気ブログランキングへ


タグ:名言
posted by Tabbycat at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・スキルを高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。