2010年05月28日

二人の人生を分けたものとは?

25年前のある晴れた春の午後、二人の若者が同じ大学を卒業しました。二人はとても似ていました。平均より上の成績で卒業し、品行方正で、大学を卒業したての若者が皆そうであるように、野心にあふれていました。

卒業25周年の同窓会で、二人が大学に帰ってきました。

25年たった今でも、二人は良く似ていました。二人とも幸福な結婚をして、どちらも三人の子供に恵まれていました。大学を出た後は二人とも同じ会社に就職し、二人とも今でもそこで働いています。

しかし、一つだけ違いがありました。一人は小さな部署の課長になっていました。もう一人はその会社の社長になっていました。

何がこの違いを生んだのでしょう。
何が人の人生をこのように大きく変えるのでしょう?生まれ持った頭脳や才能、ハードワークではありません。一人は成功したいと望み、一人は成功を望んでいなかった、というわけでもありません。

この違いは、語学力を持っているか、その語学力を有効に生かしているか、にありました。

だからこそ、今、私は音読の大切さについての文章をあなたに向けて書いています。音読こそが、語学力を向上させ人生を豊かにする、最も効果的な方法なのです。

・・・

昔のWall Street Journalのセールスレターをぱくって書いてみました。
元ネタは以下です。

続きを読む


posted by Tabbycat at 08:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・スキルを高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。