2010年06月08日

Zenhabitsが最も影響を受けた10人

この記事はZenhabitsのThe 10 Biggest Influences on Zen Habitsを和訳したものです。

Zenhabitsが最も影響を受けた10人

「人間に対する信頼を失ってはならない。人間は海である。2,3滴の水が汚かったとしても、海全体が汚れることはない」−マハトマ・ガンジー

どんな作家も、自分の外の世界からの影響を受けて自分を形成します。私もその例に漏れません。私の書く物はたくさんの作家や人々の影響を受けています。

その中でも、10人の人の影響を大きく受けています。そこで、私が最も影響を受けた10人を紹介します。

「Zenhabitsが最も影響を受けた10人」の続きを読む


posted by Tabbycat at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・スキルを高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

社会人になった時に知っておきたかった20の教訓

この記事はZenhabitsの20 Things I Wish I Had Known When Starting Out in Lifeを和訳したものです。

「この世の全ての謎は解き明かされている。どう生きるか以外は。」 ジャン=ポール・サルトル

私は35歳近くになりますが、これまでの人生では多くの過ちを犯してきました。後悔することは好きではありませんが、これまでに犯した過ちの一つ一つからたくさんのことを学びました。そして私は今、とてもすばらしい人生を送っています。

しかしながら、高校を卒業して大人としての人生を歩み始めた頃に、はじめから知っておけばどんなに良かっただろうと思うものがいつくかあります。

今までの人生を変えたいかと聞かれると、私ははっきりと答えることができません。過去に莫大な借金を背負う必要はなかったかもしれませんが、借金の経験をしなかったら、借金苦から脱出する喜びを知ることもなかったでしょう。もっと良い職業に就くこともできたかもしれませんが、そうすると様々な仕事を経験することもなく、私がブロガー、作家
となることもなかったでしょう。

一度目の結婚をしていなければ、離婚を経験することもなかったかもしれません。しかし、そうすると、一度目の結婚によって与えられた二人の子供にも出会うことはなかったでしょう。

これまでの人生を書き換えようとは思いません。しかし、振り返ってみると、私が人生で学んだ教訓には、18歳の頃に自分に出会ったらぜひとも教えたい物があります。私の後悔の念を共有したいのではありません。私がこれまでの人生で犯した失敗と私が得た教訓が、これから人生を歩み始める若い人たちの役に立つことが私の願いです。

以下に記すことは、完全なリストではありませんが、誰かの役に立てればと願っています。
 「社会人になった時に知っておきたかった20の教訓」の続きを読む
posted by Tabbycat at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・スキルを高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

3ヶ月で149.5勉強時間達成できたGoogleDocsによる自動見える化のやり方とその効用

nanapiという、さまざまなハウツーの投稿を集めているサイトで、「3ヶ月で149.5勉強時間達成できたGoogleDocsによる自動見える化のやり方とその効用」という記事を見つけました。

学習を継続するコツは記録することですが、問題はこの記録すること自体が面倒くさくて長続きしないことです。

この「3ヶ月で149.5勉強時間達成できたGoogleDocsによる自動見える化のやり方とその効用」では、Goodle Docsを使って楽しく簡単に記録する方法が紹介されています。

GoogleDocsを使うメリットは、記録が簡単というだけではありません。最大のメリットは、記録した学習時間を簡単に集計しグラフ化できることです。

この方法は、学習記録だけでなく、ダイエットのための食事の記録や、
家計簿などにも応用できそうです。


人気ブログランキングへ
posted by Tabbycat at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・スキルを高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

電通鬼十則

植田正也著「電通鬼十則」を読みました。

シェアNO1広告代理店である電通には、吉田秀雄社長が作った電通「鬼十則」という言葉があります。この言葉は英訳されて海外企業にも広まっており、GEのオフィスにも掲げられています。


電通鬼十則の日本語・英語を紹介します。

1.仕事は自ら「創る」べきで与えられるべきでない
  Initiate projects on your own instead of waiting for work to be assigned.

2.仕事とは先手先手と「働き掛け」て行くことで受け身でやるものではない
  Take an active role in all your endeavors, not a passive one.

3.「大きな仕事」と取り組め。小さな仕事は己を小さくする
  Search for large an complex challenges.

4.「難しい仕事」を狙え。そしれ之を成し遂げる所に進歩がある
  Welcome difficult assignments. Progress lies in accomplishing difficult work.

5.取り組んだら「放すな」。殺されても放すな。目的完遂までは。
  Once you begin a task, complete it. Never give up.

6.周囲を「引き摺り廻せ」。引き摺るのと引き摺られるのとでは長い間に天地のひらきが出来る
  Lead and set an example for your fellow workers.

7.「計画」を持て。長期の計画を持っていれば忍耐と工夫そして正しい努力と希望が生れる
  Set goals for yourself to ensure a constant sense of purpose.

8.「自信」を持て。自信がないから君の仕事には迫力も粘りもそして厚みすらがない
  Move with confidence. It gives your work force and substance.

9.頭は常に「全廻転」。八方に気を配って一分の隙もあってはならぬ。サービスとはそのようなものだ
  At all times, challenge yourself to think creatively and find new solutions.

10.「摩擦を恐れるな」摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。でないと君は卑屈未練になる
   When confrontation is necessary, don't shy away from it. Confrontation is often necessary to achieve progress.


どんな時代にも、どの国でも、どの業界でも、どの会社でも、誰にでも当てはまる、普遍性を持った言葉です。

日本語と英語の違いで面白いと思った点がありました。

日本語では、
「小さな仕事は己を小さくする」
「自信がないから君の仕事には迫力も粘りもそして厚みすらがない」
「でないと君は卑屈未練になる」
というような、ネガティブで叱るような表現を使うことで、「そうなってたまるものか」と読み手を鼓舞しています。
ところが英語版では、これらの言葉が削除されています。

欧米企業ではこのようなネガティブな表現は好まれないのでしょう。

電通「鬼十則」は普遍的な価値を持った言葉です。しかし、この本の質は、アマゾンに掲載されいてるカスタマーレビューを見ると分かる通り、ちょっと「アレ」です。

ご購入の際は、自分で判断しましょう。


電通「鬼十則」 (PHP文庫)

電通「鬼十則」 (PHP文庫)

  • 作者: 植田 正也
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2006/09/02
  • メディア: 文庫





応援クリックお願いします!
↓↓
人気ブログランキングへ
posted by Tabbycat at 08:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生産性を高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

リンク

当ブログでは相互リンクの代わりに「逆アクセスランキング」を採用しています。

以前は相互リンクを貼っていたのですが、相互リンクを貼った後に、リンク先のブログ様が閉鎖されたりして、リンク切れが多く発生してしまうということがありました。

手動で時々リンク切れをチェックして、適宜リンクを削除する・・・という手間に結構な時間を取られてしまっておりました。そのため、相互リンクについては現在は中止しております。

そこで、当ブログとの相互リンクを希望される方は、ブログ内(ブログのどこでもかまいません)に当ブログへのリンクを貼っていただければ、それだけで相互リンク手続きは完了します。

後は、あなたのブログ内のリンクがクリックされ当ブログへアクセスされると、逆アクセスランキングに反映されあなたのブログが逆アクセスランキングに掲載されます。

手を抜いた失礼なやり方と不快な思いをされる方もおられると思いますが、ご理解いただけますとありがたく存じます。

Tabby Cat
タグ:おしらせ
posted by Tabbycat at 08:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

ジュリエット・ビノシュの言葉

“I live for the present always. I accept this risk. I don't deny the past, but it's a page to turn.”

- Juliette Binoche


(和訳)「私は常に今のために生きている。そのためのリスクを受け入れる。過去を否定しないが、それはめくるべきページだ。」

live for〜:〜のために生きる、〜に命をかける
accept: 受け入れる
deny: 否定する




参考になりましたら、応援クリックお願いします!

人気ブログランキングへ続きを読む
posted by Tabbycat at 08:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・スキルを高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。