2010年09月10日

Cranking Widgets:仕事をストレスフリー化する方法(Zenhabits和訳記事)

※この記事は、Zenhabitsの"Cranking Widgets: Turn Your Work into Stress-free Productivity"を和訳したものです。

One of the great revelations that David Allen makes in Getting Things Done is his analogy of cranking widgets. In a nutshell, he talks about those simple jobs where you come to work in the morning with a pile of widgets to crank, and you leave work with a pile of nicely cranked widgets. It’s a mindless job, but there’s not much stress, and it’s satisfying, and it’s simple. And you know if you’re being productive because you are really cranking those widgets.
デビッド・アレンの著書"Getting Things Done"が素晴らしいのは、TODOリストを具体的な行動まで分解する、と提唱している所です。例えば、組み立て前の部品が積んである状態から、夕方までに全ての部品を組み立てるようなものです。組み立ては単純作業にまで細分化されており、考えずにできる仕事です。やり遂げた時には達成感を得られます。部品組み立ての進行度合いを見れば、自分が効率よく仕事をしているか一目瞭然です。
 
続きを読む「Cranking Widgets:仕事をストレスフリー化する方法(Zenhabits和訳記事)」


posted by Tabbycat at 08:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生産性を高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。