2010年10月04日

ロシア危機(1998年)

この記事は「予備知識無しでもよく分かる経済解説」シリーズです。


1917年にソ連が世界初の社会主義国となって以来1991年まで、ソ連は社会主義国としての道を歩んできました。

1992年1月1日、ソ連は解体され、旧ソ連はロシアとなり、社会主義国から資本主義国へと変わりました。

なぜ、ソ連は社会主義を捨てざるを得なかったのでしょうか。

続きを読む「ロシア危機(1998年)」


posted by Tabbycat at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。