2010年10月09日

プラザ合意によるバブルの発生と崩壊3


この記事は「予備知識無しでもよく分かる経済解説」シリーズです。


貸し渋り・貸し剥がし

不良債権をたくさん抱え、自ら購入した土地の値段も大きく下落して、銀行は大変な損失を抱えました。

損失を抱えた銀行は、「貸し渋り」や「貸し剥がし」を始めました。

「貸し渋り」とは、企業が銀行からお金を借りたいと思っても、銀行がお金を貸すのを渋ることをいいます。

「貸し剥がし」とは、銀行がお金を貸している企業に対して、「お金を返してくれ」と迫りお金を取り返すことをいいます。

【解説】
 「貸し渋り」「貸し剥がし」について
----------------------------------------------------------------
「貸し渋り」とは、企業が銀行からお金を借りたいと思っても、銀行がお金を貸すのを渋ることをいう。
「貸し剥がし」とは、銀行がお金を貸している企業に対して、「お金を返してくれ」と迫りお金を取り返すことをいう。
----------------------------------------------------------------

なぜ、銀行は貸し渋りや貸し剥がしをするのでしょうか。

それは世界中の銀行に課せられている規制が原因なのです。その規制は「BIS規制」といいます。BISとは、"Bank of International Settlement"の略で、日本語で「国債決済銀行」といいます。

BIS規制とは、「自分の国だけで商売するのではなく、国際的に商売をしている銀行は、自己資本比率を8%以上に保たなければならない」という規制です。
続きを読む「プラザ合意によるバブルの発生と崩壊3」


posted by Tabbycat at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。