2010年10月20日

世界一わかりやすい国内総生産(GDP)の解説(2)

この記事は「予備知識無しでもよく分かる経済解説」シリーズの以下の記事の続きです。

世界一わかりやすい国内総生産(GDP)の解説(1)


ここで、「経済成長」とはどういうことかを考えてみましょう。

次の年に、農家が一年前の2倍頑張って、去年の2倍の量の二合分のお米を作ったとします。

すると、農家は去年50円分のお米を作っていたので、今年は100円分のお米を作ったことになります。

そして、お餅屋さんが100円を払って二合のお米を仕入れて、去年の2倍の量、二つのお餅を作ります。すると去年は一つのお餅を200円で売っていたのに対して、今年は二つのお餅を合計400円分で売ったことになります。
 
 続きを読む「世界一わかりやすい国内総生産(GDP)の解説(2)」


posted by Tabbycat at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。