2011年01月31日

持ち家vs賃貸 買ってはいけない7つの理由

この記事は、持ち家派の方々を否定するのが目的ではありません。私自身が、持ち家vs賃貸問題を真剣に考えた調べる過程で書いたメモを、同じ悩みを持つ人への参考としてシェアするものです。

持ち家派シミュレーション
持ち家派の支払総額を次の前提でシミュレーションしました。
・物件4000万円
・頭金1000万円
・3000万円をローン金利2%で支払う。
・35歳で25年ローン。60歳で完済。
・90歳で死亡するまで同じ物件に居住

このケースの支払総額は次のようになります。
 続きを読む:持ち家vs賃貸 買ってはいけない7つの理由

2011年01月30日

TOEICお疲れさまでした!

今日はTOEIC試験日でした。受験された皆さまお疲れさまでした。

手ごたえのあった方、がっかりされた方など、さまざまかと思います。

勉強不足を痛感された方もおられるかもしれませんが、大切なのは、今回の気づきを今後の英語学習に活かすことです。

早速、次回のTOEICの対策を考えてみてはいかがでしょうか。当ブログではTOEICのスコア別学習法を紹介しています。お役に立ちましたら幸いです。

TOEIC700未満の人の学習法

TOEIC700〜800点の人の学習法

TOEIC800〜900点の人の学習法

TOEIC900点以上の人の学習法


よろしければ、ブログランキング応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
posted by Tabbycat at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語力を身につける | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

武田薬品が新卒採用基準にTOEIC730点

武田薬品が新卒採用基準にTOEIC730点を課すようです。

採用基準はTOEIC730点 武田が13年春新卒入社から
 武田薬品工業は2013年春入社の新卒採用から、応募条件に英語能力テスト「TOEIC」(990点満点)で730点以上の基準を設ける。同社は職種別に採用を実施しており、新基準は研究開発や管理部門などが対象。国内営業や工場勤務は除く。社員に英語検定の目標点数を示す企業は多いが、学生に基準点の達成を義務付けるのは珍しい。
 730点は「どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている」レベル。同試験の平均点は570点前後で、学生には高いハードルになりそうだ。武田薬品は昨年、研究部門のトップに外国人が就任し、取締役会も英語で開くなど、国際化を急速に進めている。

学生には高いハードルでもなんでないです。

TOEIC730点は決して難しくありません。
 
続きを読む:武田薬品が新卒採用基準にTOEIC730点
posted by Tabbycat at 05:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 英語力を身につける | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

池田信夫「希望を捨てる勇気―停滞と成長の経済学」

希望を捨てる勇気―停滞と成長の経済学

本書は、他の中身スカスカの経済本とは根本的に異なる。無駄な頁は1ページもなく中身が濃い。ダレ場が一切なく全ページに渡って展開される濃密な論考は著者の力量によるものである。

終身雇用、年功序列制度、企業年金制度では、正社員は若い頃に低賃金で働き中高年になってノン・ワーキング・リッチになる。若い頃に会社に貯金し年を取って引き出す仕組みのため、途中で転職するインセンティブがない。これが優秀な人材が非効率な成熟企業に滞留し、新たな成長企業に移動しない原因となっている。
続きを読む
posted by Tabbycat at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

仕事するのにオフィスはいらない

仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)

人は気付かないうちに、自分が一日に吸収できる情報の量やアウトプットの量に上限を設けています。本書はこのことを読者に気付かせ、仕事量にブレイクスルーを起こさせます。

著者の佐々木俊尚氏はIT関連のフリージャーナリストとして著名な方です。佐々木氏の仕事量は有名で、毎月8本の雑誌連載と4本のウェブ連載、年間4〜5冊の書籍刊行、論壇誌などの単発の原稿執筆年間20〜30本、執筆文字数は月間15万字前後(400字詰め原稿用紙400枚程度)という物凄さです。さらに講演会や勉強会講師を年間50回程度こなしています。

ワーカホリックというわけではなく、毎日の食事はすべて自分が担当し、一日の家事に割く時間は2時間に上るそうです。一日5キロのジョギングを欠かさず、毎年2週間以上の海外リゾートを楽しんでおられます。

佐々木氏が大量のアウトプットを創出する秘訣は、「いつでもどこでも情報収集とアウトプットができる仕組みを作る」の一言に尽きます。続きを読む:仕事するのにオフィスはいらない
posted by Tabbycat at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生産性を高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

「ユダヤ人大富豪の教え」実践リスト(3)

昔のノートを整理していたら、「ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣」を読んで作った実践リストが出てきました。相当な感銘を受けたらしく、書き抜きや自分のアイデアをページにぎっしりと書きこんでいます。その割に、書きっぱなしでほとんど読み返しませんでした。今振り返ってみると実践したものもありますが、ちゃんとノートを読み返していればもっと実践できたに違いありません。
 
この記事は、
「ユダヤ人大富豪の教え」実践リスト
「ユダヤ人大富豪の教え」実践リスト(2)
の続きです。
続きを読む:「ユダヤ人大富豪の教え」実践リスト(3)
posted by Tabbycat at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・スキルを高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

「ユダヤ人大富豪の教え」実践リスト(2)

昔のノートを整理していたら、「ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣」を読んで作った実践リストが出てきました。相当な感銘を受けたらしく、書き抜きや自分のアイデアをページにぎっしりと書きこんでいます。その割に、書きっぱなしでほとんど読み返しませんでした。今振り返ってみると実践したものもありますが、ちゃんとノートを読み返していればもっと実践できたに違いありません。

この記事は「ユダヤ人大富豪の教え」実践リストの続きです。

 
続きを読む:「ユダヤ人大富豪の教え」実践リスト(2)
posted by Tabbycat at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 目標を設定し、達成する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

「ユダヤ人大富豪の教え」実践リスト

昔のノートを整理していたら、「ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣」を読んで作った実践リストが出てきました。相当な感銘を受けたらしく、書き抜きや自分のアイデアをページにぎっしりと書きこんでいます。その割に、書きっぱなしでほとんど読み返しませんでした。今振り返ってみると実践したものもありますが、ちゃんとノートを読み返していればもっと実践できたに違いありません。

自分が読み返すためにブログへ上げておきます。

続きを読む:「ユダヤ人大富豪の教え」実践リスト
posted by Tabbycat at 06:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 目標を設定し、達成する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

ダメな議論―論理思考で見抜く

「ダメな議論―論理思考で見抜く」はそのタイトルのとおり、ダメな議論を見抜く手法を解説する本です。

世の中には、”一見もっともらしく聞こえるが実は何の根拠もない議論”が飛び交っています。
ダメ議論の中には、国民的な常識になってしまっているものもあります。

本書はダメ議論を見抜くためのチェックポイントとして次の5つをあげています。
 
 続きを読む:ダメな議論―論理思考で見抜く
posted by Tabbycat at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 知識・スキルを高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

ショーペンハウエル「読書について」

ショーペンハウエル著「読書について」は、読書好きな方なら苦笑、微笑、爆笑、時には「うーむ」とうなりながら読めることうけあいの本です。

ハッとさせられた頁に付箋をはってたら付箋だらけになってしまいます。

「読書とは他人にものを考えてもらうことである。一日を多読に費やす勤勉な人間はしだいに自分でものを考える力を失ってゆく。」本書の表紙にこう書いてあるとおり、本を読だけでなく、自分で考えろ!と主張する本です。
 
続きを読む:ショーペンハウエル「読書について」
posted by Tabbycat at 05:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 知識・スキルを高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする