2011年01月08日

ユーロ通貨に家族の絆を学ぶ

スティグリッツ氏がユーロ消滅の可能性について述べています。

ユーロは消滅も、債務危機の対応不足なら−スティグリッツ氏

1月5日(ブルームバーグ):ノーベル経済学賞受賞者のジョゼフ・スティグリッツ米コロンビア大教授は、長期的な安定を確実にする追加措置が取られなければ、ユーロは消滅する可能性もあるとの見解を示した。フランス紙リベラシオンに語った。

  同教授はインタビューで、現在の安定基金は「小国への一時的な救済」しかもたらさないと指摘。スペインやイタリアなど大国の財政も「危うい」とし、状況がさらに悪化すれば共通通貨への圧力が強まるだろうと述べたと同紙は伝えている。

  同紙によると、スティグリッツ教授は、長期的安定に向けた連帯責任基金などの「適切な政策とバランスのとれた制度」がなければ、ユーロは存続できないかもしれないと語った。



ユーロ加盟国には、1年間の国債発行上限をGDP対比3%以内、累積国債発行残高をGDP対比60%以内に抑えるという条件があります。加盟国の一部が大量に国債を発行したりしてユーロの信用を落としてしまうことを防ぐためです。
 続きを読む「ユーロ通貨に家族の絆を学ぶ」


posted by Tabbycat at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。