2011年02月28日

TOEIC禁断のテクニック

次のTOEIC試験まであと2週間です!

TOEICは英語力を試すテストであると同時に、持続的集中力、反射神経を問われます。以下のテクニックを使えば実力プラス30点〜50点のスコアが獲得できます。

試験直前は、TOEICの公式問題集や模擬試験集を使ってテクニックの練習をしましょう。

 TOEICテスト新公式問題集
 TOEICテスト新公式問題集〈Vol.2〉
 TOEICテスト新公式問題集〈Vol.3〉
 TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉

 新TOEICテストスーパー模試600問
 TOEIC(R)テスト新・最強トリプル模試3 [


■リスニングセクション全体のテクニック

リスニングセクション全体に共通する重要なテクニックは「分からない問題はすばやく諦める」ことです。
TOEICリスニングセクションでの失敗パターンは、「なんとなく聞き取れたけど答えがどれか分からない。選択肢のうち2つまでに絞れたけど、えーとどっちかなー」などと悩んでいるうちに次の簡単なボーナス問題をナレーションを聞き逃す、というパターンです。
市販の模擬試験などでは、この分からない問題をすばやく諦め、次の問題に集中する練習を積みましょう。
 続きを読む「TOEIC禁断のテクニック」
posted by Tabbycat at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語力を身につける | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

251円でアラブ通になれる本。藤村信「中東現代史」

藤村 信「中東現代史」

最近途絶えることのない中東関連のニュースは、いまさら聞けない言葉だらけです。

スンニ派、シーア派、パレスチナ解放機構、アルカイダ、タリバン、ムスリム同砲団とはなんなのか?

この辺をカバーしているお手ごろ価格の本を本屋で物色した結果、藤村信氏の「中東現代史」が一番良かったです。
 

続きを読む:251円でアラブ通になれる本。藤村信「中東現代史」
posted by Tabbycat at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

国と金貸しに金を貢いで貧乏になる5つの方法

歴史に共通する貧者の特徴は、国に税金を払い、金貸しに金利を払っている点です。

現代の日本で、国と金貸しに金を貢ぐ方法はつぎの通りです。
 
 続きを読む:国と金貸しに金を貢いで貧乏になる5つの方法

2011年02月25日

中東で民主化が進まなかった理由を一行で説明する

チュニジアでのジャスミン革命をきっかけに、中東諸国で民主化デモが続発しています。そもそも、なぜ中東では民主化が進んでいなかったのでしょうか。それは次の一行で表すことができます。
 
続きを読む:中東で民主化が進まなかった理由を一行で説明する
posted by Tabbycat at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

野崎 昭弘「詭弁論理学」

詭弁論理学.jpg詭弁論理学 (中公新書 (448))

相手の主張にはどこかおかしいところがあるのに、その場で指摘できず、言い負かされてしまった、という経験は誰しもあるでしょう。

これはあなたの頭が悪いからではありません。相手がバカでわがままで厚顔無恥なだけなのです。

本書は、良識を持つがゆえに議論に負けてしまう人のための一冊です。
 
続きを読む:野崎 昭弘「詭弁論理学」
posted by Tabbycat at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・スキルを高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

世界経済問題の原因を一行で説明する

アメリカのサブプライムローン問題、ギリシャなど欧州諸国の財政破綻、日本の財政赤字や年金問題。これら世界経済問題の原因は次の一行で説明できます。

続きを読む:世界経済問題の原因を一行で説明する
posted by Tabbycat at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

村上春樹、 柴田元幸「翻訳夜話」

翻訳夜話.jpg

翻訳夜話 (文春新書)

この本を読むと、無性に翻訳したくなります。

村上春樹氏は小説を書くだけでなく、トルーマン・カポーティ、レイモンド・チャンドラー、スコット・フィッツジェラルド、レイモンド・カーヴァーなど多くの翻訳を手がけています。それはなぜか。
 続きを読む:村上春樹、 柴田元幸「翻訳夜話」
posted by Tabbycat at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語力を身につける | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方.jpg
お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方

「私たちをとりまく世界は、大きくゆがんでいます。その歪みから、必然的に、得をする人、損をする人が生まれます。本書では、制度の歪みから生じる恩恵を「黄金の天使の羽根」と呼んでいます。」
続きを読む

2011年02月19日

アゴラ就職セミナーがひどすぎる

池田信夫氏のブログで、「アゴラ就職セミナー」の内容が紹介されました。話のポイントは以下だったそうです。

「(講師の)村上さんの話のポイントは、グローバルなビジネスの中では、もうほとんどの日本企業が終わっており、今からそこに入るのは「ハイリスク・ノーリターン」だということだ。グーグルから見るとどんな企業もだめに見えるのはしょうがないが、救いがたいのは当の日本企業に危機意識がなく、新卒一括採用などの古いシステムを漫然と続けていることだ。今こんな会社に入ると、人生を棒に振るリスクが高い。
だから彼が推奨するのは、就活なんかすぐやめて、海外留学することだ。(以下略)」
 続きを読む:アゴラ就職セミナーがひどすぎる
posted by Tabbycat at 08:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

年老いた独裁者と若死する国民

THe Economist誌より

20110219_Gerontocracy.gif
出所:The Economist "Gerontocracy"

続きを読む:年老いた独裁者と若死する国民
posted by Tabbycat at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする