2011年03月21日

週刊ポストとAERAの表紙から見える両誌の思想

もうAERA(正式名称:「朝日新聞WEEKLY AERA」(朝日新聞出版発行))は買わん。今までも買ったことないけど。

立ち読みもしない。今までしたことないけど。

AERA.jpg


2011年3月11日の地震発生から一週間。避難生活に苦しみ、福島原発の不安を抱えながら生活している人が大勢いるというのに、こんな表紙を作る神経が理解できない。

不安を煽るタイトルは部数拡大のセオリーだが、こんな非常事態にセオリー通りやるか?

もしくは悪意を持ってわざとやったのか?

前者なら馬鹿、後者なら極悪人だ。その両方という線もある。

それにひきかえ週刊ポスト(小学館発行)は素晴らしい。
 続きを読む:週刊ポストとAERAの表紙から見える両誌の思想


posted by Tabbycat at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。