2012年01月18日

文体が与える内容への影響について

よろしければ、ブログランキング応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

私はブログの原稿を書くときは、最初は語尾を「だ。」「である。」で終わる文体で書いた後、「ですます調」に書き直しています。

内容を考えながら書いている段階で「ですます調」で書くと、人の目を過剰に意識した内容になってしまうからです。人にこびたり、人に良いところを見せよう、良い人だと思われようとする内容になってしまいます。
 
続きを読む:文体が与える内容への影響について


posted by Tabbycat at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・スキルを高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。