2012年02月07日

最貧国援助がさらに国を貧しくする理由


よろしければ、ブログランキング応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ


不道徳な経済学──擁護できないものを擁護する (講談社プラスアルファ文庫)


冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)



もし、中国や米国の製品が、日本国内で無料で配られたら、日本企業は壊滅的ダメージを受けるでしょう。

中国製の衣服が無料で配られれば、日本国内のアパレルメーカーや衣服店の多くは潰れます。タダで服がもらえるのに、わざわざお金を払って服を買う人などいないからです。

アメリカ産の牛肉やトウモロコシが無料で日本国内で配られれば、日本国内の食肉業界やトウモロコシ農家は絶滅するでしょう。タダでもらえる食料があるのに、お金を支払い肉や穀物を買うような酔狂な人はいないからです。

上記は荒唐無稽な話に思えるかもしれませんが、実際にアフリカなどの貧困国で起きている事です。

 
続きを読む:最貧国援助がさらに国を貧しくする理由


posted by Tabbycat at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・スキルを高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。