2012年02月20日

行動哲学としてのリバタリアニズム

よろしければ、ブログランキング応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ


これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

リバタリアニズム(新自由主義)とは政治哲学の一つで、「個人の自由を最大限尊重すべきである」と考えます。小さな政府を理想とし、政府の役割を防衛と警察など最小限にとどめる、生活保護や老齢年金などの福祉は個人の自立を妨げる有害なものなので廃止すする、などの説を持ちます。

リバタリアニズムはかなり極端な思想ですが、個人の行動哲学として有効だと私は考えます。

続きを読む:行動哲学としてのリバタリアニズム


posted by Tabbycat at 23:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | ライフスタイルを確立する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。