2012年02月27日

日本国債残高の限界を知る方法(TPP亡国論)

よろしければ、ブログランキング応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ


TPP亡国論 (集英社新書)


TPP亡国論に日本の債務残高に関する目からウロコの議論がありますので紹介します。

「日本は世界一の借金大国」などと報道されます。政府債務残高の対GDP比率が200%に達しており、ギリシャやイタリアをはるかに上回る世界一の水準だからです。GDP対比でみた債務残高比率が高いのは事実なのですが、だからといって「日本の債務は世界一危険」というわけではありません。
 
財政健全度は、債務の残高や比率だけでは計れません。他の要因も考慮しなければなりません。たとえば、その国にお金を貸したいという供給がどれくらいあるか、などです。

それでは無数の指数を分析しないと日本債務の健全度がわからないのかというと、そうではありません。金利をみれば良いのです。金利は、借り手である日本の状況や貸し手の状況などありとあらゆる要素を市場が織り込んだ上で、決定され、日々変動しています。
続きを読む:日本国債残高の限界を知る方法(TPP亡国論)


posted by Tabbycat at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。