2012年03月13日

Fault Lineを読んで覚えた違和感

よろしければ、ブログランキング応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ


フォールト・ラインズ 「大断層」が金融危機を再び招く


Fault Lineは、世界でバブルが発生し崩壊するのはなぜかを分析した本です。

その理由の一つとして、グローバル・インバランス、つまり世界での輸出超過国と輸入超過国に二極化している点を上げます。ある国が輸出し続け、ある国が輸入し続けるという状態は永遠には続かず、いつか破綻します(詳しくは過去記事「スネ夫とジャイアンで理解するTPP亡国論」をご参照ください)。

当然、輸入超過国はアメリカ、輸出超過国はドイツ、中国、日本です(日本は震災の影響などで足下輸入超過ですが)。この状況に対して、本書は、「輸出に依存している日独中に問題がある」と主張します。

著者はインド人なのですが、IMFでエコノミストをしたあと今はアメリカの大学教授をされています。すっかり脳はアメリカ人なのだなあと、しみじみ思いました。
続きを読む:Fault Lineを読んで覚えた違和感


posted by Tabbycat at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。