2012年03月27日

ジャレド・ダイアモンド「銃・病原菌・鉄」

よろしければ、ブログランキング応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ


文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)

この本は相当おもしろいです。

なぜ欧州の白色人種が技術や文明を発達させ世界を植民地化できたのか。アフリカや南米にも古代文明は存在したのに、なぜ彼らが欧州を支配することにならなかったのか。

本書は、この問いに対する答は、銃、病原菌、そして鉄であるとします。著者の探求はこれだけにとどまりません。なぜ欧州で銃や鉄が開発されたのか、なぜ白色人種が病原菌に対する免疫を身につけ、アフリカ大陸、南北アメリカ大陸の人々は免疫を身につけなかったのか、人種による優劣の差か?であれば人種差別は肯定されるのか?他に要因があるとすればそれは何か?

類人猿の時代からさかのぼり、地球規模の壮大なスケールで謎解きがなされます。全体にわたって科学的な考古学的アプローチで検証されており、政治イデオロギーなどがいっさい登場しないことが、本書の分析を客観的なものにしています。
 
続きを読む:ジャレド・ダイアモンド「銃・病原菌・鉄」


posted by Tabbycat at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。