2012年09月21日

村上春樹「夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです」


夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです
村上春樹の「夢をみるために毎僕は目覚めるのです」は、国内外のインタビューを集めて編集したものです。物語にたいする考えや、小説の書き方が率直に語られていて、面白く読めました。

村上春樹氏の小説では、井戸の底にもぐり壁の向こう側へ抜けたり、羊男やらリトルピープルやら不思議なものと出会ったりと、非現実的なことが起きます。村上春樹氏は「これらはすべて私が物語を書いているときに経験したことです」なんて述べてしまうので、やっぱり小説家というのはどこか常人とは違うのだなと恐れ入ってしまいます。
続きを読む


posted by Tabbycat at 07:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。