2012年09月24日

私が会社をやめた訳

「僕の老後は君たちにかかってるからな。がんばってくれよ。」

大学を卒業後就職した会社で開いていただいた新入社員歓迎会で、こういわれたことを今でも思い出します。

彼は定年退職間近で、退職金と企業年金で悠々自適の老後が待っていました。「企業年金が維持されるためには、現役社員が稼がないといけない」と、彼はいいたかったのです。当時は、この言葉が自分にとってどんな意味を持つのか深く考えませんでした。が、その後身にしみて、この言葉の重みを実感せざるを得ませんでした。

続きを読む


posted by Tabbycat at 07:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。