2012年10月31日

だれとでも15分以上会話がとぎれない!話し方66のルール


誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール

重要ポイント:基本は「会話は情報交換でなく、気持ちの交換」

私を含め、会話に苦手意識のあるひとは、「会話は情報交換」だと考えている場合が多いようです。

だから、通り一遍の質問をして情報を収集してしまったあと、会話がつづかなくなります。

会話で交換するのは情報でなく気持ち、というのが本書の一貫したメッセージですが、このメッセージだけでは会話の苦手な人はどうしたらよいか分かりません。そこで本書は以下の7章にわけて、いろいろなヒントを提供してくれています。

1章 この聞き方でどんな人とも会話が続く!
2章 相手がどんどんノッてくる 気持ちの”ちょっぴり”オープン術
3章 話が一気にあふれ出す「質問」のツボ
4章 どんな場面でも切り抜けられる「受け答え」の技術
5章 気軽に話せる「関係づくり」のコツ
6章 「人の輪」にすんなりとけこめる「話し方の基本」
7章 一目置かれる”ひとつ上の話し方”
聞く、話す、質問する、困った場面を切り抜ける受け答え方、

以下は私にとって参考になった部分のメモです。

続きを読む
posted by Tabbycat at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイルを確立する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日のつぶやき

tabbycat111 / Tabby Cat
“泣ける”鉄拳のパラパラ漫画「振り子」が英ロックバンド・MUSEの正式PVに http://t.co/3gStipSk at 10/30 23:52

tabbycat111 / Tabby Cat
「英語が話せる」はゴールに非ず、問われる“アーティキュレーション” http://t.co/ecrYqSca at 10/30 23:36

tabbycat111 / Tabby Cat
アップル、韓国支社長を更迭(朝鮮日報) http://t.co/VW7p6cMr at 10/30 02:56

tabbycat111 / Tabby Cat
アップル「地図」責任者が退任 誤表示問題で更迭 http://t.co/UGkOaCAf at 10/30 02:54
posted by Tabbycat at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターアーカイブス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“泣ける”鉄拳のパラパラ漫画「振り子」が英ロックバンド・MUSEの正式PVに

“泣ける”鉄拳のパラパラ漫画「振り子」が英ロックバンド・MUSEの正式PVに
http://www.rbbtoday.com/article/2012/10/30/96861.html

 お笑い芸人・鉄拳が制作したパラパラアニメ「振り子」が、イギリスのロックバンド・MUSE(ミューズ)の公式ビデオクリップとしてリリースされることになった。

(中略)

同バンドは「鉄拳が『エクソジェネシス(脱出創世記):交響曲第3部(あがない)』でこの素晴らしい、想像力を掻き立てるようなビデオを作ってくれたことをとても嬉しく思っています。僕たちの音楽が、こんな風に興味深く解釈されているのを見るのは、とても素晴らしいことだと思うし、彼と再びコラボレーションする機会があればと思っています」とコメント。ビデオクリップは31日より北米、ヨーロッパなどを含む全世界で配信されることが決定している。
posted by Tabbycat at 08:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

アップル、韓国支社長を更迭(朝鮮日報)

アップル、韓国支社長を更迭
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/10/24/2012102401317.html
 アップル韓国支社長のドミニク・オ氏が先週更迭されていたことが分かった。業界では、スマートフォン(多機能携帯電話端末)「iPhone5」発売直前に更迭されたことについて「実績不振」などによるものとみている。
posted by Tabbycat at 11:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アップル「地図」責任者が退任 誤表示問題で更迭

アップル「地図」責任者が退任 誤表示問題で更迭
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM3002P_Q2A031C1EB2000/?dg=1

 米アップルは29日、携帯端末用OS(基本ソフト)「iOS」の開発を統括したスコット・フォーストール上級副社長が来年退任すると発表した。最新のiOSに含まれる地図ソフトで誤表示が相次いだことから、事実上の更迭とみられる。
(中略)
 今年9月に発売した「iPhone5」には、最新のiOS6が搭載されたが、東京の「羽田空港」が「大王製紙」と表示されるなど多くの誤表示が発生。アップルはティム・クックCEOが謝罪し、グーグルやマイクロソフトなど競合他社の地図ソフトやネットサービスの利用を呼び掛ける異例の事態になっていた。

posted by Tabbycat at 11:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

有吉弘行「年収5億円報道は大ウソ」

有吉弘行「年収5億円報道は大ウソ」
http://numbers2007.blog123.fc2.com/blog-entry-2005.html

有吉「信じる人は多少なりともいるわけじゃん。目に入ってくるものを信じる人もいるわけだからね」

こんな風に何気無い記事の見出しに、知らないうちに騙されていることは案外多いのかもしれません。

気をつけないといけませんね。
posted by Tabbycat at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽で給料が高い仕事に就く方法

私は学生時代、アルバイトで工場労働をしたことがあります。半日パンを作り続ける仕事でした。つぎつぎとベルトコンベアの上を流れてくるパンをトレーに乗せ次の機械に流し込んだり、形の悪いパンをより分けたり、という仕事です。夕方から深夜3時くらいまでのシフトだったと思います。時給がよかったので選んだシフトでした。夜が明けていく中、原チャリにまたがってフラフラと帰途につくとき、紫色の夜明けが綺麗だったのを思い出します。私が作ったパンは朝一番にコンビニに届けられ、誰かの朝食になるのです。
続きを読む
posted by Tabbycat at 08:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 目標を設定し、達成する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

Amazonがついに日本でKindle発売!

ついにアマゾンが日本でもキンドルを発売しました!

AppleのiPad miniの発表と同じ日にぶつけてくるという強気の演出でした。

アマゾンのトップページも様変わりして、Kindleを紹介する社長のメッセージがドカンと掲載されています。

アマゾントップページはこちら。
↓↓
http://www.amazon.co.jp/

続きを読む
posted by Tabbycat at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

学習効果を十倍増させる復習のタイミング

意外と知られていない復習の大事さ

人間は、勉強した翌日にはおよそ半分を忘れているといいます。復習せずにどんどんテキストを勉強して最後までたどり着いたけど、前の方を完全に忘れてしまった、という経験は誰しもあると思います。

人間は忘れる生き物なので、勉強では復習が不可欠です。とくに大事なのが復習のタイミングです。毎日復習すれば、絶対に忘れることはありませんが、そんなに復習にあてる時間はありません。復習の時間を最小限に抑え、しかも記憶を効果的に定着させるようなタイミングで復習することが重要です。

続きを読む
posted by Tabbycat at 05:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・スキルを高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

プロじゃなかった…」リストラで運転手になったミドルの重い一言


天才! 成功する人々の法則


プロとは何か、について考えさせられた記事を紹介します。

「プロじゃなかった…」リストラで運転手になったミドルの重い一言
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20121019/238300/?P=1

 「1万時間の法則(10000-hour rule)」――。

 米誌「ザ・ニューヨーカー」のスタッフライターであるマルコム・グラッドウェル氏が著書「天才! 成功する人々の法則」(講談社、原題は“Outliers”)の中で、「Ten Thousand hours is the magic numbers of greatness.」と記したことがきっかけで広まった成功の法則である。

 グラッドウェル氏は、世の中で「天才」と呼ばれた偉人たちを調べ上げ、彼らが生まれながらの天才ではなく、「1万時間ものトレーニングを積み重ね、天才と呼ばれる能力を開花させた」と説いた。

 これと似たような考え方は、心理学や人間行動学の世界にもある。米フロリダ州立大学心理学部のアンダース・エリクソン(K Anders Ericsson)教授も1万時間を提唱する1人だ。

 エリクソン教授は、「優れたパフォーマーと標準的成人の違いは、不変のもの、すなわち遺伝子に定められた才能によるものではない。このような違いは、生涯にわたって行われる、パフォーマンス向上のための計画的努力によって生じる」とし、「1万時間に及ぶ計画的訓練(deliberate practice)」をすれば、誰もが秀でた能力を身につけることができるとしたのである。


この理論は、私の経験からも正しいと思えます。1万時間といわず、3000時間くらいでも良いので、継続的に訓練すると何かが変わります。続きを読む
posted by Tabbycat at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・スキルを高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする