2012年10月15日

NECがサムソンに勝つためにすべき一つのこと


サムスンの戦略人事―知られざる競争力の真実


赤旗オンラインに興味深いドキュメント記事が載っています。NECが人件費削減のため早期退職制度を実施した際、上司から「自主的に」応募し退職するよう迫られた方の記録です。

私はこうして退職を強要された NECリストラ 面談一問一答メモ

11回にわたって面談に呼び出され、自主的退職をすすめられた時の様子を一語一句漏らさず記事にされています。

これを読んで、退職を強要された方にも同情しましたが、退職を促さなければならない上司の方も気の毒に思えました。


続きを読む


posted by Tabbycat at 07:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

小飼弾「新書がベスト」


新書がベスト (ベスト新書)

現代人は幅広い教養が必要です。自分の専門分野だけでなく、自然科学、歴史、哲学、文学、経済、政治などについて、広くそしてある程度深く知ることが求められています。

しかし私たちには全ての分野の専門書を読みこなす時間などありません。かといってテレビや雑誌では教養とよべる知識や見識は身に付きません。

そこで便利なのが新書です。いくつもの出版社から、ありとあらゆる分野の新書が大量に出版されています。ここで問題となるのが、新書には何十年も増刷を繰り返している名著がある一方で、いいかげんに作られたクソ本もたくさんあるということです。しかもたちの悪いことに、新書の表紙は名著もクソ本もまったく同じ装丁なので、見た目では区別できないのです。

続きを読む
posted by Tabbycat at 07:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・スキルを高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

株式売買で必ず儲ける方法

今回の記事の目的は、「株式売買で必ず儲ける方法」を紹介することです。これは、損するリスクを抑え、うまくやれば年率20%以上のリターンは十分可能な方法です。

続きを読む

2012年10月09日

古典で心を癒し鍛える


論語に学ぶ (PHP文庫)

ブログ更新をさぼっていたころ、安岡正篤氏の本を何冊か読みました。

仕事関連の本や情報ばかり摂取していたら、専門バカになりそうだと感じたからです。しかも私の専門分野は、いかに企業を儲からせるかに関連することです。金儲けのことばかり考えていると、心が乾いてくるような感触をおぼえます。それで東洋哲学の本でも読んでみようと思ったのですが、これが大正解でした。

続きを読む
posted by Tabbycat at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイルを確立する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

生きるために人肉を食う功利主義者


これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

四人が救命ボートで海の上をさまよっています。このままでは四人とも死んでしまいます。しかし、一人を殺し、その肉を食べれば、残りの三人は生き残ることができます。三人が生き残るために一人を殺すということが許されるでしょうか。ここで功利主義と原理主義という二つの政治哲学が登場します。この二つの政治思想は、次のように異なる答を持っています。


続きを読む
posted by Tabbycat at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

一見なんの関係もなさそうな会社を比較してみると、目からウロコの発見が。


入社1年目の教科書

一見なんの関係もなさそうな二つの会社を比較してみると、目からウロコの発見をすることがあります。今回比べてみたいのは、DeNA(ディーエヌエー)とライフネット生命です。DeNAはみなさんご存じでしょう。モバゲーなどの携帯ゲームの会社です。ライフネット生命はDeNAと比べると有名ではないかもしれません。ネット専業の生命保険会社です。

両社はネットをベースにしているという点は共通ですが、あとは業種もターゲット顧客もビジネスモデルもぜんぜん違います。


続きを読む
posted by Tabbycat at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

フレームワーク思考は「オワコン」


仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法

MECE、ロジックツリーなどの思考のフレームワークは、昔BCG(ボストン・コンサルティング・グループ=大手外資系戦略コンサルティング会社)が開発しました。フレームワークはBCG門外不出のノウハウとして顧客以外の社外に知らされることはありませんでした。

しかしその後、BCGは、フレームワーク自体に価値はなく、その使いこなし方に価値がある、と考えを変え、フレームワークを一般に公開しました。そしてフレームワーク思考の手法は一般に知られるようになったのです。

フレームワーク思考を解説する本は、書店にたくさんあります。メジャーなフレームワークを知っておくことは、ビジネスマンにとって必須です。しかし、「フレームワークを知っている、使える」というだけでは不十分だと認識しておく必要があります。


続きを読む
posted by Tabbycat at 07:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・スキルを高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

北杜夫「どくとるマンボウ青春記」


どくとるマンボウ青春記 (新潮文庫)

この本は、高校生になる前に読みたかった本です。せめて大学に入る前に読みたかった。読んでいれば学生時代の過ごし方やその後の人生は、まったくちがったものになっただろうと思います。

続きを読む
posted by Tabbycat at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイルを確立する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

仕事のやる気が起きない時に読む本


スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則


トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈2〉セクシープロジェクトで差をつけろ! (トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦 (2))



私は、仕事が忙しくなると、やっつけ仕事モードになる傾向があります。「とにかく締め切りまでにある程度の成果を出せればいいや」という感じです。問題は、忙しくなくなったあとも、やっつけ仕事モードから抜け出せないことです。それほど忙しくないのに、必要最低限の仕事しかしなくなるのです。仕事に対する情熱を忘れ、効率最優先になってしまうのです。

続きを読む
posted by Tabbycat at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生産性を高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。