2012年10月05日

生きるために人肉を食う功利主義者


これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

四人が救命ボートで海の上をさまよっています。このままでは四人とも死んでしまいます。しかし、一人を殺し、その肉を食べれば、残りの三人は生き残ることができます。三人が生き残るために一人を殺すということが許されるでしょうか。ここで功利主義と原理主義という二つの政治哲学が登場します。この二つの政治思想は、次のように異なる答を持っています。


続きを読む


posted by Tabbycat at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。