2012年10月17日

島田 荘司「透明人間の納屋」


透明人間の納屋 (講談社文庫)

この本はトンデモナイ本です。

「透明人間の納屋」というタイトルや、裏表紙にある次のあらすじからは到底想像できない展開です。

昭和52年夏、一人の女性が密室から消え失せた。孤独な少年・ヨウイチの隣人で、女性の知人である男は「透明人間は存在する」とささやき、納屋にある機械で透明人間蜷ルクス利を作っていると告白する。混乱するヨウイチ。やがて男は海を渡り、26年後、一通の手紙が届く。そこには驚愕の真実が記されていた!

続きを読む


posted by Tabbycat at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。