2012年12月20日

菜根譚の名言「真理を自分の住家としてこれを守る者は、ある時は不遇でさびしい境涯になるが…

真理を自分の住家としてこれを守る者は、ある時は不遇でさびしい境涯になるが、権勢によりかかり、おもねりへつらう者は、ある時は栄えても、ついには永遠にさびしくいたましいものである。真理に達した人は、常に世俗を超越したところに真実を見出し、この身が終わっても後の不朽の名声を得ることに心がけている。


菜根譚


菜根譚 (講談社学術文庫)


posted by Tabbycat at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイルを確立する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。