2013年02月03日

菜根譚の名言「人間が世の中で生きてゆく上には、常に一歩だけ世間の人よりも退いて…

人間が世の中で生きてゆく上には、常に一歩だけ世間の人よりも退いていないと、あたかも蛾が自ら灯火にとびこみ、牡羊が垣根に角を突っ込んでしまうようなもので、蛾は焼け死に、牡羊は進退極まってしまう。こんなことでは、どうして安楽に世を生きてゆくことができようか。


菜根譚


菜根譚 (講談社学術文庫)


posted by Tabbycat at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイルを確立する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。