2015年08月31日

英エコノミスト誌 "The Brand New Game"(ブランド戦争)<

よろしければ、ブログランキング応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
英エコノミスト誌 "The Brand New Game"(ブランド戦争)からの抜粋です。

EARLIER this year BMW advertised on WeChat, a popular messaging app in China with around 550m monthly users. But its ads were shown only to those whose profiles suggested they were potential buyers of expensive cars. Others were shown ads for more affordable stuff, such as smartphones. The campaign bruised a few egos. Some of those not shown the BMW ad complained, referring to themselves as diao, or (putting it politely) losers.

(和訳)
今年はじめ、BMWは、中国で月間5.5億人のユーザーを持つメッセージアプリのWeChatに広告を出した。しかし、広告は高級車を買う可能性があるとプロフィールから判断されるユーザーにだけ表示された。その他のユーザーにはスマホなど、もっと安い商品の広告が表示された。このキャンペーンは人の自尊心を傷つけた。BMWの広告が表示されなかったユーザーの中の何人かは、負け組判定されたと感じたのだ。

(語彙)
Bruise A's ego: Aの自尊心を傷つける

(コメント)
スマホは便利ですが、アプリのあちこちに出てくる広告は少々うんざりします。旅行の計画を立てているときにちょっとホテルを検索しただけで、ホテルや旅行関連サイトの広告ばかり表示されたことがありました。あれには驚きました。

広告を時々何気なくクリックすることがありますが、そうした広告収入は年間200億ドル(2.4兆円)にも登るそうです。

よろしければ、ブログランキング応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
posted by Tabbycat at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英エコノミスト誌 "The Brand New Game"(ブランド戦争)<

よろしければ、ブログランキング応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
英エコノミスト誌 "The Brand New Game"(ブランド戦争)からの抜粋です。

EARLIER this year BMW advertised on WeChat, a popular messaging app in China with around 550m monthly users. But its ads were shown only to those whose profiles suggested they were potential buyers of expensive cars. Others were shown ads for more affordable stuff, such as smartphones. The campaign bruised a few egos. Some of those not shown the BMW ad complained, referring to themselves as diao, or (putting it politely) losers.

(語彙)
Bruise A's ego: Aの自尊心を傷つける

(コメント)
スマホは便利ですが、アプリのあちこちに出てくる広告は少々うんざりします。旅行の計画を立てているときにちょっとホテルを検索しただけで、ホテルや旅行関連サイトの広告ばかり表示されたことがありました。あれには驚きました。

広告を時々何気なくクリックすることがありますが、そうした広告収入は年間200億ドル(2.4兆円)にも登るそうです。

よろしければ、ブログランキング応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
posted by Tabbycat at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

英エコノミスト誌"The propaganda war"(プロパガンダ戦争)

よろしければ、ブログランキング応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
、英エコノミスト誌"The propaganda war"(プロパガンダ戦争)からの抜粋です。

In a recent paper they outline a range of sophisticated techniques the group wields to heighten the power of its visuals, from care in choosing starkly contrasting colours−think black uniforms and orange jumpsuits−to the use of multiple cameras, tight focus, “subjective” angles and intimate sounds to create an eyewitness effect.

(和訳)
最近の調査資料によると、「イスラム・ステート」は映像の力を高めるために様々な洗練された技術を使っている。例えば、くっきりとした対照的な色の活用(黒のユニフォームとオレンジ色のジャンプスーツ)から、複数のアングルのカメラ、焦点の絞り込み、「主観的な」アングル、そして目撃効果を創出するための映像と調和した音声などだ。

(語彙)
wield: 使う
starkly: くっきりと
intimate: 親密な

(コメント)
「イスラム・ステート(以下、IS)」はSNSを活用したマーケティングで世界各国の主に若者のシンパを増やしています。ISシンパは5万以上のツイッター・アカウントを持っており、IS、が流すメッセージは即座に世界中に拡散されます。

イギリスで政府は約700人のイギリス人がISのシンパになったと推測しており、現在は14〜25歳の若者がリクルートのターゲットになっているようです。

流される映像は、殺人や戦争に関するものだけでなく、慈悲の心、犠牲の精神、ユートピア思想などを伝える映像もあるようで、これらを巧みに使ってマーケティングしているようです。

「マーケティング」が持つ力の恐ろしさを感じさせられます。

なお、“subjective” anglesの意味がよくわからなかったので、「主観的な」アングル、と直訳でごまかしました。。。

よろしければ、ブログランキング応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
posted by Tabbycat at 11:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

The Economist誌「多いは少ない」

よろしければ、ブログランキング応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

The Economist "More is less"(多いは少ない)からの抜粋です。

Student debt in America now totals $1.2 trillion, up more than threefold over the past decade. On August 10th Hillary Clinton announced a $350 billion plan to reduce this sum.

(和訳)
米国では学生の学費ローン残高は合計1.2兆ドルにも昇る(約144兆円)。10年前の3倍である。8月10日、ヒラリー・クリントン氏は、学費ローン残高を減らすため、予算規模3,500億ドルの計画を発表した。

(コメント)
日本では子供の授業料は親が払うのが一般的な習慣ですが、米国では学生自身がアルバイトや学費ローンで学費を払うの一般的です。そのため米国の学生は卒業時点で大きな借金を抱えており、社会問題化しています。

ところで、本記事の後半では、学費ローンの残高が一千万円以上の学生の方がきちんとローンを返しているという意外な結果を紹介しています。

このカラクリは単純です。学費の高い名門校をちゃんと卒業した学生は卒業後収入の良い仕事に就き、学費ローンを完済するのです。一方二流高を中退した場合、学費ローンの残高は少ないですが、満足な収入を得ることができず、学費ローンを返せないケースが多いそうです。

これが本記事の表題「多いは少ない」の意味です。

よろしければ、ブログランキング応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
posted by Tabbycat at 11:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする