2015年09月02日

英エコノミスト誌 "It'll cost you"(あなたに課金します)

よろしければ、ブログランキング応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ


英エコノミスト誌 "It'll cost you"(あなたに課金します)からの抜粋です。

GETTING divorced? Going to the doctor? Flushing a loo? If so, you are increasingly likely to receive a bill from the government. As cash-strapped Western countries try to balance their books without raising unpopular taxes, they are charging higher fees for everyday services. American cities tap their residents for around a quarter more in such charges than they did at the turn of the century. Half the countries in the EU have increased health-care charges since the financial crisis. In Britain, where a severe fiscal squeeze is under way, new fees are popping up in unexpected places, from the criminal courts to municipal pest-control agencies.

(和訳)
離婚したい?医者にかかりたい?トイレを流したい?もしそうなら、政府から請求書を受け取ることになりそうだ。金欠の西側諸国政府からは、不人気な増税にたよらず財政を均衡させようとしており、日々のサービスにより高い課金をしようとしている。米国の都市では、前世紀より25%高い課金を住民に請求している。EU加盟国の半数は金融危機以降、ヘルスケアサービスの請求額を増やした。財政緊縮を進めるイギリスでは、予想もしない分野で課金制度が導入されている。刑事裁判所や地方の伝染病対策機関などだ。

(語彙)
Strapped:金欠の
book:ここでは「帳簿」の意味。文中では「財政」と意訳しました。

(コメント)
増税で国民全体から徴収するか、それとも行政サービスを使った人から直接課金をするか。バランスを問われる問題です。

所得税や消費税が上がるのは嫌ですが、住民票写しの値段や上野動物園の入園料が数千円に上がるのも嫌です。

人間とはエゴの塊ですね。。。

よろしければ、ブログランキング応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 11:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。