2008年08月29日

Dale Carnegie"How to stop worrying and start living"

昔読んだ本を少し読み返しています。

デール・カーネギーの「道は開ける」の英語版(オリジナル)です。



同著者の「人を動かす」と並んで世界的ロングセラーの本なので、ご存知の方も多いでしょう。

読み返してみて、やっぱり良い事が書いてあると思いました。

"One grain of sand at a time.... One task at a time." By repeating those words to myself over and over, I accomplished my tasks in a more efficient manner and I did my work without the confused and jumbled feeling that had almost wrecked me on the battlefield"

これは、戦場で遺体や遺品を回収し、遺族の元へ返す事を任務としていた人の言葉です。

極度の緊張状態の中で、絶対にミスをしてはいけない任務を遂行する中で押しつぶされそうになったときに口ずさんでいた言葉が、 "One grain of sand at a time.... One task at a time."だったそうです。

まったり外資でのほほんと過ごしている私が、このような体験談を読むのは、なんだか申し訳ない感じがするのですが、面白い本です。

世の中の、ストレスを抱えている全ての人にお奨めできる本です。





posted by Tabbycat at 08:30 | Comment(3) | TrackBack(0) | 知識・スキルを高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この本が気になっていたので、図書館で借りてみたいと思います。ところで、"One grain of sand at a time.... One task at a time."の意味がわからないのですが。「あれもこれもやるのではなく、1度に1つの仕事しかできない」と解釈していいのでしょうか。僕は文脈から文章を把握するタイプなので、一文だけだと意味が分らない時があるんです。
Posted by オレンジ at 2008年09月07日 11:38
コメントありがとうございます。

ご推測のとおり、「一度にひとつの仕事だけに取り組もう」という意味です。

最初は和訳版の「道は開ける」を読んでみると良いかもしれないです。

私も最初は和訳を読みました。

和訳やオリジナル英語版両方で、繰り返し読むに値する名著です。
Posted by TabbyCat=>オレンジ様 at 2008年09月07日 19:42
そんに名著なんですか?じゃあ騙されたと思って(失礼)購入します。TabbyCatさんにはお世話になっていますし。丁度日本語版の「道は開ける」は数年前に前の上司からいただいたのですが、まだ読んでいません。最近日本語の本を読むことを控えていたので。原書があるなら原書で読みたいとも思っていましたし。日本語訳も読んでみようと思います。
Posted by オレンジ at 2008年09月08日 03:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。