2008年09月27日

リーマンショックが与える日本外資社員への影響

久方ぶりの更新です。

ここ2週間は、歴史に残る激動の2週間、とでもいえそうなものでした。

リーマンの破綻、AIGへの米政府公的資金注入、野村HDのリーマンアジア欧州ビジネス取得、モルスタへの三菱UFJの出資、ゴールドマンサックスとモルスタの証券会社から商業銀行への転換などなど。

これまで世界の金融界を支配しているかのように思われていた米国金融機関が、わずか2週間のうちに次々と存在を消し、姿を変えていきました。

まだまだ「危ない金融機関」は残っていますし、また、日欧米の大手金融機関の貸付余力が低下したことによって、金融界だけでなく製造業等でも巨大倒産や企業再編成が起こりそうです。


リーマンでなくても、外資金融に勤めている人は、何かと不安な状況にあるかと思いますが、こういうときこそ基本に立ち戻ることが大切です。

顧客満足の最大化のために出来ることに集中しましょう。

直接顧客と接することのないポジションにいる人も、「自分の給料は顧客が払ってくれるお金から出ている」ということを念頭において仕事をしましょう。いろいろとアイデアが出てくるはずです。

日本ビジネスの収益性が高ければ、米国や欧州等の本社も、日本ビジネスをあっさり切り捨てることはありません。

本社が苦しんでいる今こそ、日本ブランチのプレゼンスを高めるチャンスです。




posted by Tabbycat at 22:36 | Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。オレンジです。困ったことになりそうですね。アメリカの公的資金導入(でいいんですよね?)の法案がまさかの否決ですね。僕はこれ可決されると思ってたし、これでなんとか世界経済は大丈夫だと思ってたのですが。まさかの否決。これからどうなるのですかね?正直怖いです。

ところで、僕は外資に勤めているTabbycatさんの英語力にはかなわないと思って、あまり気を遣わずに思っていることをコメントしただけなのですが、もしTabbycatさんが不快に思われたのなら、ごめんなさい。これからは気を遣ってコメントします。
Posted by オレンジ at 2008年09月30日 07:19
オレンジ様

コメントありがとうございます。

今後1年くらいは、世界の金融システムも日本の外資社員の境遇も不透明な状況が続きそうですね。

オレンジ様はマナーを守ったコメントをしていただいていると思います。特に気を遣っていただく必要はありません。

今後ともご愛顧お願いいたします!
Posted by TabbyCat =>オレンジ様 at 2008年10月01日 23:11
はじめまして!私は40代の主婦です。TOEICのリスニングが難しく何かお手本になることはないかと思って探していたところ偶然こちらにたどり着きました。音読とシャドウイングの重要性などこれからぜひ読ませていただきたい記事ばかりです。お気に入りに登録させてください。今後もよろしくお願いします!
Posted by れも at 2008年10月02日 13:51
れも様

ご訪問とコメントありがとうございます。

お気に入り登録ありがとうございます!

こちらからも逆アクセスランキングにれも様のブログを登録させていただきました。

これからもよろしくお願いします。

Posted by TabbyCat => れも様 at 2008年10月05日 17:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。