2008年10月26日

本社時代・MBA留学受験時代の手帳

3年程度支店で勤務した後、本社の管理部門へ転勤になりました。

ここでは仕事の流れが一カ月毎に1サイクルしていました。
  
手帳は、支店営業部門の時と同じA5サイズの能率手帳を使っていました。

使い方もほとんど支店営業部門の時と同じで、


・月間予定表のページには、毎月、毎四半期、半年毎、1年毎の業務の予定を書き込む。

・週間スケジュールの左ページのスケジュール欄には、月間予定表に記入した予定の詳細(会議の場合は場所と時間等)を記入。

・週間スケジュールの右ページのメモ欄はスタッフの出張予定などを書き込んでいました。

月間予定表に1年間の仕事の大きな流れを書いておくことで、次の年の業務計画の参考になりました。


その後、幸運にもMBA留学候補生に選ばれ、MBA留学の受験勉強を始めました。

MBA留学するには、TOEFLという英語力を測るテストと、GMATという論理的思考能力や数学の力などを測るテストを受け、さらに大学毎に違うテーマのエッセイを書く必要があります。

そこで、最初は大学受験時代のような綿密な勉強計画をたてましたが、これは上手く機能しませんでした。

なぜなら、仕事をしながら勉強する時間を作る訳ですから、仕事が忙しい時はまったく勉強できない日もあり、計画どおり勉強がすすむことがなかったからです。

そこで、社会人用の受験勉強ノウハウを確立しました。

この社会人用の受験勉強ノウハウは以下のようなものです。

1、まず、テストで合格点をとるために必要な参考書、留学予備校教材とその勉強方法をリストアップ

2、1のリストの項目を、机上でないとできない勉強(ノート作成、エッセイ書きなど)と、どこでもできる勉強(英語のテープを聴く等)に分ける

3、机についているときは、机でしかできない勉強に集中。通勤中等にはどこでもできる勉強に集中。

この方法で、いつでもどこでも勉強し、無事米国MBAに合格することができました。

このMBA受験時代は、仕事用の手帳ともう一つ、勉強管理用手帳をもっていました。見開き一週間のダイアリー型手帳にその日勉強した内容を書き込むだけの手帳です。

勉強したことを2週間後くらいに復習するようにしていたのですが、この手帳を見て2週間前の勉強記録を見れば、どこを復習すればよいかが一目でわかりとても便利でした。

また、勉強が進んだ日、まったくできなかった日も一目瞭然なので、勉強のやる気が起きないときにパラパラと読み返すだけで何故かやる気を出すことができました。



記事が「面白かった」、「役に立った」と感じられた方は、部ログランキングの応援クリックをお願いします!

ブログランキング 英語

にほんブログ村 英語学習法


関連記事
 手帳遍歴1:小学校〜新人社会人時代の手帳
 手帳遍歴2:本社時代・MBA留学受験時代の手帳
 手帳遍歴3:MBA留学時代の手帳:フランクリンプランナー
 手帳遍歴4:本社時代「熊谷手帳との出会い」
 手帳遍歴5:熊谷手帳
 手帳遍歴6:ミリ手帳
 手帳遍歴7:GTD


タグ:手帳術
posted by Tabbycat at 16:12 | Comment(3) | TrackBack(0) | 生産性を高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。オレンジです。
僕はあまり勉強計画は立てないですね。
計画をたてると壮大な計画になってしまうので。
もちろんこの壮大な計画は計画倒れします。
余談ですが、小学校の夏休みの宿題の時から
壮大な計画をたてる癖は直ってないです。

だから、やることを1つだけ決めてそれだけを
やるようにしています。多くても2つです。
毎日勉強するものならなおさらそうですね。
そうしないと毎日勉強できないですから。

そういえば「How to Stop worring and start living」を購入するといったじゃないですか。あれはTabbycatさんのアマゾンアソシエイトで購入するという意味です。前のコメントでは意味が分らないですよね。
Posted by オレンジ at 2008年10月29日 07:01
手帳の使い方を否定してまったことを書いて
すみません。ネチケットがなっていなかった
です(少し率直に書いてしまいました。)ご
めんなさい。
Posted by オレンジ at 2008年10月30日 03:35
オレンジ様

コメントありがとうございます。

計画を立てたり立てなかったり、手帳を使ったり使わなかったり、

というのは人それぞれですね。

また同じ人であっても、人生のステージに応じて変わってくるものだと思います。

私の場合の手帳遍歴を紹介していきますのでご愛顧お願いします。

アマゾンでのご購入まいどありでございます。


Posted by TabbyCat =>オレンジ様 at 2008年10月31日 08:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。