2009年01月21日

オバマ大統領就任の海外メディア報道

2009年1月20日に、オバマ氏が米国大統領に就任しました。各国メディアが大々的に報じています。WSJの記事を紹介します。

President Barack Obama
JANUARY 21, 2009

By JONATHAN WEISMAN and LAURA MECKLER

A Day of History as New Leader Urges Unity Amid 'Raging Storms' of War and Recession

WASHINGTON -- On a day rich in history, Barack Obama took office Tuesday as the 44th president of the U.S., urging Americans to stand together amid the "gathering clouds and raging storms" of war and recession.

全文を読みたい方はこちら:
President Barack Obama

(語彙)
Take office:就任する
Urge:要求する、強く求める
Stand together:並んで立つ、団結する
Amid:〜の真っ只中に
Raging:怒り狂う、激しい

(和訳)
ワシントン - 歴史的な日となる本日、バラク・オバマ氏は第44代米国大統領に就任し、米国国民に対し、「暗雲が垂れ込め激しい嵐が吹き荒れる」只中で、団結することを強く求めた。

(コメント)
"On a day rich in history,"は、「歴史的な日となる本日、」と訳してみましたが、正しい意味・ニュアンスに訳せているのか自信がありません。正しい訳、もっと上手い訳をご存知の方がおられましたらお知らせいただけると嬉しいです。

オバマ新大統領は、大統領就任式での宣誓の際に、第16代大統領リンカーンが1861年の就任時に用いた聖書を使用しました。宣誓では、オバマ大統領は自分のフルネームを述べましたが、フルネームはバラク・フセイン・オバマというそうです。私は始めて知りました。大統領選挙戦期間中、相手候補(ヒラリー氏か?マケイン氏か?)がオバマ氏の名前を呼ぶときは、差別的な目的ももってわざと、ミドル・ネームの「フセイン」にアクセントをつけるということも時折あったそうです(全文中の第四段落より)。


オバマ大統領は、米国や世界を"Change"することができるでしょうか。

米国が行うべき"Change"は、「人は自分が稼ぐ以上の消費はできない。」「自分が将来稼いで返せる金額以上の借金はできない。」「これまで身の丈以上の家に住み、消費を楽しんできた分、しばらくは働いて税金を納め、その税金を使って不良債権と化した住宅ローンを償却しなければならない。」という当たり前の常識を米国民に根付かせることだと、私は考えています。

オバマ大統領が、このような口に苦い良薬を米国民に飲ませることができるのかというと、ちょっと難しいかもしれません。


民主党は庶民の味方です。そして庶民は、たとえ年収が300万円たらずであっても、8000万円の家に住み、最新モデルのピックアップトラックに乗り、クリスマスにはクレジットカードでプレゼントたくさん買いたい、と考えているでしょうから・・・

米国では、「今年の後半か来年には景気は回復して、以前の消費スタイルに戻れる」という、根拠もない楽観論がいまだに根強いような気がしてなりません。

オバマ大統領のこれからの活躍に期待したいと思います。


最後までお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ、応援クリックお願いします!

ブログランキング 英語

にほんブログ村 英語学習法



posted by Tabbycat at 23:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>大統領選挙戦期間中、相手候補(ヒラリー氏か?マケイン氏か?)がオバマ氏の名前を呼ぶときは、差別的な目的ももってわざと、ミドル・ネームの「フセイン」にアクセントをつけるということも時折あったそうです(全文中の第四段落より)。

ワシントンに在住している者ですが、「相手候補…」というのは正確ではありません。原文にあるとおり、''detractors''が言っていたことであって、相手候補が言ったとはどこにも書いていません。

予備選中にオバマのミドルネームがフセインであることを流す動きがあって、ヒラリー陣営がやっているのではと報じられましたが、同陣営は否定しました。マケインとの本選ではこの話はほとんど話題になってません(マケインがネガティブキャンペーンを嫌ったためです)。

米国で大統領候補本人が人種差別的なことを言ったら、それだけで政治生命は絶たれます。そもそも黒人がオバマ支持になったのも、ビル・クリントンが黒人を離反させたからです(ビルは「初の黒人大統領」と称されたほど黒人から人気があったのはご承知のとおりです)。
Posted by inside-beltway at 2009年02月02日 14:08
inside-beltway様

コメントありがとうございます。

てっきり相手候補による中傷だと思い込んでおりました。
一語一語丁寧に読む必要があると改めて認識いたしました。

ご指摘ありがとうございました。
Posted by TabbyCat=>inside-beltway様 at 2009年02月03日 22:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。