2009年06月26日

オバマ大統領のカイロ大演説v.s.麻生首相のダボス演説

世界各国で絶賛されているオバマ大統領のカイロ大学演説です。
特に、アメリカとイスラムの新しい関係を志向する点が評価されています。

私個人としては、聴衆として参加しているカイロ大学の学生は、通訳なして英語を理解している所に関心しました。

約一時間、全編英語です。リスニング教材としてどうぞ。




「それにひきかえ日本の首相は、、、」というのが、世間のお決まりのパターンですが、日本の首相も立派な演説をしています。古いですが再録。



今はインターネットの発達により、ニュースや新聞を介さなくても直接自分の国や周りの国のトップの演説にアクセスすることができます。

自分で直接見て聞いて、判断したいものです。

応援クリックおねがいします。
ブログランキングには、英語学習に役立つブログがたくさんありますよ。

ブログランキング

にほんブログ村


posted by Tabbycat at 08:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。