2006年01月29日

人事面談でヘタレな回答をする

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意。
英語ノウハウ本により英語勉強法に開眼し英語学習に命をかけることを決意する。そして完璧な英語学習プランを立てる。が、すぐに飽きて勉強をやめてしまう。
転勤適齢期まであと半年がせまる。このままでは海外組になれない・・・
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
入社2年半たったある日、私は相変わらず英語の勉強をほったらかしにしたまま25歳の青春をダラダラとすごしていました。
そんなときに東京本社の人事部から中堅どころのおっさんがやってきました。
なんでも社員の意識調査とのこと。
支社の社員一人一人が順番に応接室に呼ばれいろいろ聞かれます。まあ、ルーチン的にやってる支社出張のようで、たいしたことではありませんでした。

ただ私の面接の時のひとつのやりとりが私の人生を大きく変えました。
人事「君は支社の次は何をしたいの?」

この時の私は営業が出世の王道だという先輩社員の影響を中途半端に受けていました。

私「はあ、、、海外なんかも興味があるんですけど、営業をずっとやるのもいいかなって、、、。まあ、いろいろやりたいです。」

こんな回答は、なんの意見も言っていないに等しいです。こんな回答を聞かされた人事も、こいつの次の希望部署がどこかさっぱりわかりません。希望をかなえてやりたくても希望がわかりません。
こんな人間は海外に送ることはできませんし、営業の第一線に送り込むことも無理でしょう。

そして半年後、予定通り入社まる3年で私は初の転勤を経験しました。
辞令は

総務課を命ず

To be continued...

お読みいただきありがとうございました!
よろしければランキング応援クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


ツイッターはじめました。是非フォローして下さい。
https://twitter.com/tabbycat111

「英語・留学格闘記」目次に戻る
タグ:TOEIC
posted by Tabbycat at 15:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック