2006年01月29日

転勤をきっかけに2度目の英語への決意をする

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意。
が、すぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。
このまま国内地方転勤組社員となってしまうのか!?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

総務課を命ず

これは はっきり言ってこたえました。
人事に営業志望なのか海外志望なのかもはっきり言えなかったために、どっちでもない部署にまわされてしまいました。

しかし、自分が何をしたいのかもはっきりしないまま転勤してしまったことへの自分のふがいなさが、ずっと引っかかってました。

そして、最後の英語への決意をするため自分で自問自動しました。

「TOEICって難しいぞ。次の転勤までにマスターできるのか?」
「維持でもやる!!」
「いまさら英語なんかやって意味あるのか?英語やっても考慮されずに地方周りだってあり得るぞ?」
「かまわん!!最悪のシナリオで英語の得意な地方支社のおっさんで終わってもいい!!!俺は英語をやる!!!!!」

この最悪のシナリオさえも覚悟した決意が、たった2年後に予想以上の最高のシナリオをもたらします。

To be continued...

お読みいただきありがとうございました!
よろしければランキング応援クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


ツイッターはじめました。是非フォローして下さい。
https://twitter.com/tabbycat111

「英語・留学格闘記」目次に戻る

タグ:TOEIC
posted by Tabbycat at 15:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック