2006年01月29日

TOEICの次にすべきこと

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開!
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
海外勤務を手にするための次の作戦を考える
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

3回目のTOEICで815を獲得した私は考えました。

おそらくあと1年の勉強でTOEIC900行くのは難しいだろう。せいぜい850くらいが関の山だろう。
だとすれば、この1年間何をすれば海外勤務の可能性が高まるだろうか?

私は1年後の自分のシナリオを幾つか考えました。

@TOEIC850〜800後半(今の815よりすごいけど他人に違いはわからんだろうな)
ATOEIC815+別の資格(@よりは人事部に与えるインパクトは大きいか?)
BTOEIC815+社内提言論文執筆(お!)

当時私にはBの案が海外勤務実現にもっとも有効なアピール方法のように思えました。
つまり、TOECI815というスコアで英語力を示しつつ、海外新規ビジネス・もしくは海外ビジネスの改善案を提言するのです。
私の会社ではこのような提言を毎年募集していました。
この提言を出すことによって、資格勉強だけに熱心な奴でなく、会社の将来を真剣に考えているとアピールすることが出来ます。しかも海外案件に関する提言をすれば、運よく採用された場合即海外異動もあり得ます。

これだ!と直感した私は次の日から通勤電車の中で英語の勉強をするのを中止し、マーケティングや企業戦略の本をむさぼり読み、自分の会社の海外事業で使えそうなアイデアをメモしまくりました。

私にとって英語学習は、あくまで海外勤務実現のための手段であり、目的ではありませんでした。
海外勤務実現のための最適な手段が英語学習以外の別の所にあると判断した私は英語学習を中止しました。

・目的と手段を取り違えないこと。
・英語学習を目的化しないこと。
・自分が何のための英語学習をしているか、常に目的を確認すること。
当時考えたこれらの項目は、いまだに私の教訓となっています。

To be continued...

お読みいただきありがとうございました!
よろしければランキング応援クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


ツイッターはじめました。是非フォローして下さい。
https://twitter.com/tabbycat111

「英語・留学格闘記」目次に戻る






タグ:TOEIC
posted by Tabbycat at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック