2006年01月29日

TOEFL地獄のはじまり

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。
この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
その後海外勤務を手にするためあえて英語学習を中断し、
英語力+経営問題への関心度をアピールすべく、社内提言論文の執筆にとりかかった!
留学生候補公募に応募し、人事部長の圧迫面接、外国人との英語面接にヘロヘロになるも合格!
留学生候補の辞令を受け取った!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

留学生候補を命ずる

この辞令の紙は今でも大事に取ってあります。

その日は妻とシャンパンで乾杯しました。

シャンパンのコルク栓には、「留学公募合格!****年**月**日」とマジックで書いて、ガラス瓶に入れました。

ガラス瓶の中には、「TOEIC750点!」「TOEIC815点!!」と書かれたコルク栓もあります。

次はこの中に「○○大学MBA合格!」と書いたコルクを入れるが目標です。


数ヶ月中断していた英語の勉強を再開しなければなりません。

人事の辞令には、こんな書類もついてました。

要約すると、

  「MBA受験は非常に難易度が高いが、責任を持って合格すること。」

おいおい、、、


おおまかなスケジュールもついています。

これによると、4月に留学生候補となり、9月くらいまでにTOEFLで600点以上(現在のコンピュータ版TOEFLでの250点に相当)、

GMAT(MBA受験者が受けるテスト。ネイティブでも苦労する。)で700点近い高スコアを取り、

エッセイなどの出願書類を作成し、年内に送付する、というもの。


それでTOEFLとやらの600点とはどれくないなのか、、、
留学ガイド本に載ってるスコア換算式を見てみると、、、

TOEFL600≒TOEIC874



自分のTOEICスコアは815。

しかも英語の勉強を中断して数ヶ月。

今の自分の実力はどうなっているのか、、、

半年でTOEIC874なんて取れるのか、、、


ヤバイかも、、、


To be continued...

親サイトはこちら>>MBA式英語速習法



英語ブログランキング上位サイトはこちら!
posted by Tabbycat at 15:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック