2006年01月29日

一回目のTOEFL

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募に応募し、人事部長の圧迫面接、外国人との英語面接にヘロヘロになるも合格!
留学生候補として留学受験の勉強を開始し、一回目のTOEFLを受験する。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1回目のTOEFL。今でも思い出したくない体験です。


四谷にある日米会話学院で受験しました。

現在のTOEFLはコンピュータベースとなっており、受験者は自分の好きな日に受験することができます。

当時のTOEFLはペーパーベースで行われており、毎月一斉に全国で開催されていました。

さまざまな会場が試験会場として使用され、教室の広さやスピーカの音質が様々でした。

東京ではこの日米会話学院が、「リスニングがもっとも聴き取りやすい会場」としてTOEFL受験者の間で有名でした。


しかし、いざTOEFLのテストが開始されリスニングセクションが開始されると、、、

聞き取れないのです。

ぼんやりと一部分しか聞き取れない。途方にくれつつ適当にマーク。

完全に動揺してしまい、次の問題も聞き逃す。

この悪循環を繰り返してしまいました。

このTOEFLは個人の趣味で受けているのでなく、留学候補生という業務として受けているのです。

結果は上司に報告する義務があります。

「このままじゃ、会社に持っていけないスコアになる!」

リスニング中にそんなことを考えてしまい、ナレーションを聞き逃すほど動揺していました。

最後の長いナレーションにいたっては、何について喋っているのかさっぱり分からないままナレーションが終わるという最悪の結果に終わった大問もありました。

文法問題と読解問題はがむしゃらに解きました。

TOEICよりも語彙が難しく、知らない単語がネックとなって文の構成がわからず、解けない文法問題もありました。

終わった時は必死なので、出来不出来は全く実感がつかめませんでした。
ただリスニングがボロボロだったのははっきりしてます。

あまりにリスニングが聞き取れなかったので、「TOEFLのリスニングはそんなものなのかな。みんな聞き取れないなりに解いてるのかな」
と考えてしまうくらいでした。

しかしそうではなく、自分のリスニング力が全くないことがスコアから明らかになりました。。。

そのスコアとは、、、

To be continued...

親サイトはこちら>>MBA式英語速習法



みんな頑張っています。学習者ブログランキング!
posted by Tabbycat at 15:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック