2006年01月29日

NOVAの正しい使い方

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
留学開始までにスピーキング力をつけるためNOVAに入学する。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


TOEFL613 (換算:CBT257,TOEIC910)を取得しTOP10MBAに合格したものの、
私は外国人と英語をしゃべった経験がほとんど全くありませんでした。
そのためNOVAのレベルチェックの結果、7Aというレベルからスタートすることになりました。

今回は私がNOVAをどのように活用してスピーキング力を身につけたかを書きます。

NOVAやその他の大手英会話学校には賛否両論あるようですが、
私にとっては、NOVAは大変役に立ちました。

基本的にクレーム・不満というのは、当初抱いていた期待が満たされなかったときに発生します。
つまり、NOVAやその他の英会話学校に不満を持つ人は、英会話学校に対し大きな期待を持ちすぎなのではないでしょうか。

「時々通っているだけでいつか英語ベラベラになる」という期待を持って英会話学校に通っていても、ペラペラにはなりません。

自己紹介と簡単な受け答えが出来るようになる程度でしょう。


では、どのように英会話学校を活用するとよいのか。

発想を変えることです。

英会話学校は英会話を学ぶ場所、インプットの場所ではありません。

自宅で勉強して身につけた英語力を披露する場所、アウトプットの場所なのです。

英会話学校のクラスで講師の後につづいて英文を音読しているだけでは英語は身につきません。

自宅で何百回も音読し覚えた英語表現を使って、英会話学校のクラスで講師に話しかけることで、その英語表現は完璧に自分に定着します。

具体的に私が行なったことを書きます。

・A6ノートをクラスに持参する
・講師がしゃべる英語から、便利そうな表現をA6ノートにメモする
・クラスが終わったら、クラスで勉強した部分のテキストとA6ノートを音読する(100回以上)
・テキストの中の暗唱が難しい英文をA6ノートにメモする。
・A6ノートをいつでもどこでも持ち歩き、スキマ時間を使って音読する。
・A6ノートメモ→徹底音読で身に着けた表現はNOVAのクラス中に積極的に使う。
 多少強引でも使う。講師に通じればそのうれしさにより一発で覚える。
 通じなくても講師に修正してもらうことでよりその場に適した表現を
 知ることができる。

このようにクラスを1回受けたら、その数倍の時間を復習や徹底音読に費やすのです。

副次的効果として、積極的に講師に話しかけると早くレベルアップできます。


この方法でスピーキング力を伸ばすことで、約半年後にはレベル4までレベルアップしました。

そしていよいよ米国へ出発する日がきました。

初めてのアメリカです。

To be continued...

ブログランキングのご支援ありがとうございます。おかげでこんな順位に!!










posted by Tabbycat at 15:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック