2006年01月29日

妻の英語超速習2

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
そしていよいよMBAプログラムが開始された!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2年足らずのアメリカ滞在期間で、ベルリッツレベル1(最低レベル)からレベル10(最高)、TOEIC820をゲットした妻の英語学習法とは・・・

それは、

徹底的な音読

でした。

アメリカ生活が始まってからの最初の2ヶ月くらいは、

妻は買い物などの用事以外は家から出ずに、

一日中英語テキストの音読をしていました。


NHKラジオ英会話で人気講師だった遠山顕さんの

よりぬき英会話入門

とその続編数冊を徹底的に繰り返し音読しました。

テープのガイダンスにしたがって、一文ずつテープを聞いた後、真似するように音読する、ということを果てしなく繰り返したそうです。

渡米3ヶ月目からは英会話学校にも通い始めましたが、

勉強時間では、独学による音読が圧倒的な量をしめていたようです。

日本から持ってきたウォークマンは酷使した結果つぶれてしまいました。

その後は、ウォルマートで買ったラジカセを使って、音読を繰り返しました。

この徹底音読によって、妻は英会話学校の中でもぬきんでたペースでスピーキング力、リスニング力が上達していったようです。


音読という勉強法は、別に目新しい方法ではありません。

単調な反復練習からなる退屈な勉強法です。

妻が短期間で音読を繰り返し英語力を飛躍的に挙げたのは、

「愚直に音読を繰り返した」

という一言につきます。

なぜ、彼女は他の学習法に手を出さず、音読の効果を信じて音読だけを繰り返すことができたのでしょうか?

それは、

音読という学習方法を、「私」が教えたからだと思います。

最も身近にいる人が、音読で成果をあげ、留学のチャンスまで勝ち取ったという経緯を間近でみていたからこそ、音読の効果を信じて、徹底的に音読だけを繰り返すことができたのだと思います。


もし彼女が音読を徹底することをせずに、コロコロと学習法を変えたり、教材や英会話学校をコロコロ変えていたら、あんなに短期間で不自由なく英語会話をできるようにはならなかったでしょう。

徹底的な音読を繰り返し、英会話に自信がついてきた頃、

妻の英語力をさらに飛躍的にあげる出来事が起こりました。

英会話学校でヨーロッパ圏の人と友達になったのです。

妻は友人と話したい一心で、自分のことや日本のことを英語で一所懸命に説明するため奮闘していました。

そしてその奮闘を楽しんでいました。

妻と友人のコミュニケーションのことはまた次回詳しく書きたいと思います。

To be continued...

■ブログランキング応援ありがとうございます■
posted by Tabbycat at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック