2006年01月29日

MBA最後の授業

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
そしていよいよMBAプログラムが開始された!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

MBAに参加して2年目になると、日本人学生の間に独特の雰囲気が漂いだしました。

企業から派遣された生徒は日本へ帰り、派遣元の会社へ戻る日が近づきます。

私費で留学してきた人は、卒業後の就職先を探さなければなりません。

私は派遣元の会社へ戻るクチでした。

留学のためのお金を出してくれ、留学期間中にも給料を支払ってくれた会社へ帰り、留学期間中に身につけた知識や経験を活かして会社へ貢献することを楽しみにしていました。

あわただしくも、どこか学生気分で2年間過ごしたを懐かしく思うとともに、ハイペースで時間が過ぎていく会社生活へ戻り、そこで活躍することが楽しみに感じてきました。

そしていよいよMBA最後の講義の日がやってきました。

私は、その最後の講義での教授のメッセージを忘れることができません。

それについて、次回詳しく書きたいと思います。

To be continued...

この記事が面白かった・役に立った方は、ブログランキングに応援お願いします。→■ここをクリック■
posted by Tabbycat at 16:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事を読んで感動したので、コピーさせて何度も読ませていただきます。(よく考えたら勝手にコピーするのはよくないですよね。)
Posted by オレンジ at 2008年07月01日 20:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック