2006年01月29日

英検1級一次必勝法

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
MBAでの充実した2年間はあっという間に過ぎ去り、卒業の時を迎え帰国。
帰国後もノンネイティブを目指し英語学習を継続する。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

留学から帰って来た私は、配属先の部署では、「英語使い」と認められ英語でのコミュニケーションが必要な業務を任される日々を送ることになりました。

何とか不自由なく英語での業務をこなせるものの、完全なネイティブには程遠いことは実感しており、まだまだ英語学習が必要でした。

そこで英語学習を続けるための目標として英検1級に申し込みました。

まず、英検1級ではどんな問題が出るかを確認するために、英検1級 全問題集 英検全問題集で英検1級の過去問を解いてみました。

その感想は、

とにかく単語問題に出て来る単語が難しすぎる!!

というものでした。

とにかく私には歯が立たない単語ばかりが登場していました。

一説によると、英検1級の単語問題に出て来る単度は、ネイティブでも「一応意味は分かるけど自分では使わない」というように、ネイティブにとっても難しい単語のようです。

特に私はMBAでいわゆるビジネス英語にしか触れていなかったため、経済、経営、金融に関連する単語なら大体知っているものの、それ以外の分野の単語は全然知らないという状況だったので、もう「未知なる単語だらけ」という感じでした。

私はどうやってこの英検1級のための単語力を短期間で身につけるか考えました。

単語力をつける王道は幅広いジャンルの英字新聞、雑誌などを多く読むことです。

しかし、そんな悠長なことをしていては何年かかるか分かりません。


短期間で単語力を身につけたい時の常套手段。

それは

単語帳です。

私は英検Pass単熟語1級 を肌身離さず持ち歩き、暇さえあれば付属CDをダビングしたMDを聴きながら単語帳を繰り返し音読・シャドーイングして繰り返し暗記していきました。

留学を果たし、TOEIC900点オーバーを取って多少天狗になっていた私は、
またか再び単語帳で英語の勉強をする日がくるなどと思ってもいませんでした。

しかし、これは私にとって良い教訓になりました。

自分の英語力はまだまだ甘くて、ノンネイティブには程遠いのだということを思い知ることができました。

結局英検Pass単熟語1級 も試験当日までに完全に仕上げることはできませんでした。感触としては7〜8割を暗記した程度に終わりました。

そして、英検1級一次試験当日を迎えました。。。

To be continued...

この記事が面白かった・役に立った方は、ブログランキングに応援お願いします。→■ここをクリック■
posted by Tabbycat at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック