2006年01月29日

英検1級2次対策特訓2

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
MBAでの充実した2年間はあっという間に過ぎ去り、卒業の時を迎え帰国。
帰国後もノンネイティブを目指し英語学習を継続する。
手始めに英検1級1次を受験!見事合格し2次試験の面接の特訓を開始する。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


英検1級1次試験に何とか合格した私は2次試験対策を開始しました。

この2次試験では、その場で与えられたトピックに対し、すばやく1分間スピーチを考え、スピーチする所が最も大変な部分です。

5つトピックが与えられますが、その範囲は教育、健康、科学、平和、環境問題、高齢化、少子化、雇用問題など幅広く、いつもは経済新聞だけ読んでるサラリーマンにはつらいものがあります。

この幅広い範囲からどのようなトピックからどのような話題が出題されても良いように、私はまず私の見識の範囲を広げることから始めました。

まず、用意したものは英検2次の過去問題集と1冊のノートです。

1.まず過去問題集から、過去に出題されたトピックをノートのページの頭に、1ページ1問ずつ書き出します。

2.つぎに、常にそのノートをカバンに入れて持ち歩きます。トピックの回答に使えそうなアイデアが浮かんだらすぐさま該当ページに書き込みます。このときは日本語と英語両方交えて書いていました。

3.ジャパンタイムズを購読し、その他日頃は読まない日本語の新聞雑誌を読み、教育問題や医療問題などの記事の中で回答に使えそうなものがあったら切り取ってノートの該当ページに貼り付けたり、要約を書き込んだりします。

4.新聞や雑誌の記事で、過去問に関係の無いネタであっても、教育、健康、科学、平和、環境問題、高齢化、少子化、雇用問題などに関係のある識者の意見が述べられている記事があったら、それも切り抜いてノートに貼ったり、要約を書き込みます。

このようにして回答ネタを集めていると、それまでは関心を持っていなかった社会問題について考える機会となりとても有意義でした。

しかし、ネタを集めているだけでは自分の考えを簡潔にまとめ、1分間スピーチに仕立てる力は身につきません。

こんどは集めたネタをもとに、2分間という短時間で1分間英語スピーチを準備する練習が必要でした。

「英語スピーチを短時間でまとめる方法を早く書け!」という人はここをクリック
posted by Tabbycat at 16:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック