2006年01月29日

英検1級2次面接

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
MBAでの充実した2年間はあっという間に過ぎ去り、卒業の時を迎え帰国。
帰国後もノンネイティブを目指し英語学習を継続する。
手始めに英検1級1次を受験!見事合格し2次試験の面接の特訓を開始する。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

英検1級1次に受かった私は、2次試験面接の特訓に明け暮れました。

環境問題、医療問題、教育問題など、日頃は全く関心のない分野についてのネタノートを書き溜め、1分間スピーチの練習を繰り返しました。

そして、私はどんな分野の質問に対しても好印象なスピーチを展開する、品行方正スピーチマシンと化していました。

そしていよいよ面接日当日・・・

場所は東京神田の某英語専門学校。

受付を済ませ、私は英検1級面接受験者の集まる教室へ移動しました。

受験者は様々です。

英語版天声人語を熱心に読んでいる中年女性。

明らかに帰国子女の中学生。

私が作ったのと同じようなネタノートを復習している中年男性。

外資系キャリアウーマンとおぼしき女性。


私は自分のネタノートをボケーと読み返し、順番を待ちました。

いよいよ順番が来ると面接室前まで誘導されました。

面接室前には10脚くらい椅子が置いてあり、その椅子の一つに座って再び待機しました。

いよいよ自分の順番が来て、私は面接室に入りました。

アメリカ人男性と日本人女性の2名が面接官でした。

いよいよ面接開始です。

最初は受験者をリラックスさせるためのやわらかいトークから入ります。

といっても、このトークすら受験者にとっては緊張ものなのですが・・・

"Nice to meet you, Mr. Tabby Cat."

"Nice to meet you, too."

"Where do you live?"

"I live in ***. It took around one hour to come here."

とか何とか会話をした後、日本人女性面接官から、

"What is your job?"と聞かれました。

これは私の計算どおりでした。

私は自分の得意なビジネス方面へ会話を誘導するために、ビジネススーツにソフトアタッシュケースという格好で面接に望んでいました。

私は事前に準備していた「自己紹介」をしました。

"My job? I am working for a foreign capital software comany as one of software developers, developing softwares with co-workers from the U.S. office. Also, when I visit to our clients with the U.S. office staff, I play a role as an interpreter."

全部正確ではありません。私の当時の勤務先は純ドメ企業ですし、ソフトウェア企業などではありません。外人と顧客訪問して通訳するなどしたこともありません。

英検2次の面接は就職や転職の面接ではないのですから、自分の正確な事実を伝える必要はありません。

自分の英語力をプレゼンテーションによって証明することが重要なのです。

そして面接官が下す受験者の英語力に対する評価というのは、英語力以外の要素にも左右されます。

面接官に「この受験者は日頃英語を使って仕事をしているビジネスマンだ。仕事をすすめるだけの英語力はあるのだろう」と思わせれば、その後の面接が有利に進みます。

面接官は私の「自己紹介」に満足したようです。面接官はソフトウェア業界のことなど知りませんから、突っ込んだ質問もしてきません。

仮に聞かれたとしても、私に答えることはできませんが・・・


そしていよいよスピーチのお題が書かれた紙を読み、スピーチを考えるように指示されました。

To be continued...

英語1級2次試験の結果を知りたい人はここをクリック

posted by Tabbycat at 16:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック