2006年01月29日

英検1級2次面接

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
MBAでの充実した2年間はあっという間に過ぎ去り、卒業の時を迎え帰国。
帰国後もノンネイティブを目指し英語学習を継続する。
手始めに英検1級1次を受験!見事合格し2次試験の面接の特訓を開始する。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

英検1級2次面接当日。

フリートークを無事終えた後、いよいよスピーチのお題が書かれた紙を読み、スピーチを考えるように指示されました。

机に置かれているカードを裏返し、5つのお題を読みます。

・・・。

どのお題を見ても、スピーチを思いつかん!!

お題を見ては2分でスピーチを考えるという練習をさんざんやったのに・・・

何か過去問と比べて以上に難しい!!

とりあえず、自分にとって一番なじみのあるビジネス関連のお題、

「企業の年功序列制は是か非か?」

を選んで必死にスピーチ内容を考え始めました。

(是でいくか非でいくか?まあ、外資系企業勤務と言った手前、年功序列反対論者の方がよいんだろうな。)

(年功序列反対の理由を2つ!できれば3つ!考えろ!!!)

(えーと、若者の意欲をそぐ。実績に応じた報酬体系にした方が社員のモチベーションが上がる。ん?この2つは同じこと言ってないか?)

(何かないか?いい理由は!?)

こんなことをやっているうちに2分はあっというまに過ぎました。

面接官:"Ok, which topic did you choose?"

私:"I chose topic C..."

面接官:"Alright, please start your speeh."

この後のスピーチはもうメケメケでした。

喋りながら、時々日本人面接官が顔をしかめるのを見て、余計に舞い上がってしどろもどろになり、「こりゃ落ちたな」とか考えながらスピーチし、1分より大幅に短くスピーチを終えてしまいました。

面接官"... Thank you for your speech. Please let us ask some questions."

私"Sure..."(もういや・・・)

英検1級の2次面接では、本番で華麗なスピーチを披露できる人は稀なようです。

そりゃそうです。あんなもの日本語でやれといわれても簡単ではありません。

大事なのはスピーチ後の質疑応答です。ここで取り返すことが出来るかどうかが合否の分かれ目です。

私は気を取り直してディスカッション態勢に入りました。

To be continued...

英語1級2次試験の結果を知りたい人は応援クリック!

posted by Tabbycat at 16:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック