2006年01月29日

英検1級2次面接 4

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
MBAでの充実した2年間はあっという間に過ぎ去り、卒業の時を迎え帰国。
帰国後もノンネイティブを目指し英語学習を継続する。
手始めに英検1級1次を受験し見事合格!
2次試験の面接に挑み結果を待つ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

英検1級2次面接では、スピーチではボロボロに失敗したものの、質疑応答では自分の力を出し切れたように思いました。

結果が帰って来たのは面接から数週間後でした。

結果は、、、

セクション1(スピーチ) 7/ 10点
セクション2(Q&A)    8/ 10点
セクション3(語彙・文法)6/ 10点
セクション4(発音)   8/ 10点
アティチュード(態度)  2/ 3点

合計           31/ 43点

合格点          25点


うおっしゃあああああ!!!合格!!!


スピーチはボロボロだったわりに7点くれています。恐らく他の受験者もボロボロだったのでしょう・・・・

語彙・文法が6点なのはスピーチの内容を思いつかずに慌てたので、でたらめな文法で喋ってしまったからでしょう・・・

予想通り質疑応答点数数を稼いでいます。

発音でも8点取ることができました。
何年もの間、毎日少しずつシャドーイングを繰り返し、英語の発音やリズム感を鍛えてきたことが、ここで報われたのだと思います。


結果として合格基準を大きく上回って合格することができました。


合格はしたものの、英検1級の面接によって自分の英語力の課題を明らかにすることができました。

まだまだ自分のスピーキング力、特にアドリブでまとまったスピーチをする力が全然足りていません。

「英検1級といえば英語ベラベラなんだろうな」と以前は思っていましたが、実際は全然違います。

英検1級というのは、英語資格のレベルを超えた真の英語力を追求するスタートラインに過ぎないのだと思いました。



そろそろ英語の資格を超えた英語力向上に集中しようとも考えましたが、
その前に、もう一つ決着をつけなければならない試験がありました。

次なる試験は、、、、

TOEIC!!


私が英語学習を開始した当時、ずっとベンチマークにしていたのはTOEICでした。
TOEICの点数に一喜一憂しながら、英語の勉強を続けてきました。

私の今があるのも、TOEICのおかげといっても過言ではありません。

MBA留学、英検1級合格を経た今、もう一度だけそのTOEICを受験する決意をしました。

いわばTOEICとの最後の闘いです。

To be continued...

TOEICとの最後の決戦に向けた特訓の日々を読みたい人は応援クリック!

posted by Tabbycat at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック